ぽー&きぃ

peau.exblog.jp
ブログトップ | ログイン
2010年 12月 08日

ももちゃん、ありがとう

c0009934_965683.jpg


c0009934_963060.jpg


c0009934_961371.jpg


c0009934_964089.jpg


c0009934_9102022.jpg


c0009934_9225749.jpg


c0009934_971840.jpg


c0009934_974674.jpg


c0009934_98249.jpg


c0009934_981659.jpg


c0009934_983177.jpg


c0009934_99799.jpg


c0009934_994336.jpg


c0009934_9101144.jpg


一昨日早朝、ももちゃんが亡くなりました。

ももちゃんは右前足の脇に癌が出来ていて、
その癌は11月には肺にまで広がりました。
11月27日にほんの少しだけ歩いたのが最後の散歩で、
その後の10日足らずの容態の変化は急激で
まったく容赦のないものでした。

飼い主さんの人徳もあるのだけれど、
ももちゃんはたくさんの人に愛されました。
ボールが大好きな大好きなももちゃんは
公園で遊ぶ子供達にも愛され、
いつも「ももちゃん、ももちゃん」と声をかけられました。

私はいわゆる猫派ですが、ももちゃんは余りに身近で
犬、猫の括りを超えた存在だったなと今思います。
数え切れないほど一緒に散歩をして、
数え切れないほど写真を撮らせて貰って、
脱走すると、例えその目的がきぃであれ、
きぃのカリカリであれ、我が家の庭にまっしぐらに
走り込んでくるのがほんとに可愛かった。

夏から秋にかけてももちゃんの体力が少しずつ落ちてきて、
それまではももちゃんの元気が良すぎて出来なかったようなこと、
首輪をしたり、リードをつけたり、脱走してきたももちゃんを
取り押さえたり、などがやっと出来るようになって、
そうしたら更に更に愛しく近しい存在になったのでした。

ぽーやきぃにもいつか来る別れのことは
これまで怖くて考えることをなるべく避けてきました。
でも命には確実に限りがあるのだということを
ももちゃんは改めてわからせてくれました。
やわな「きぃちゃんのおばちゃん」に覚悟を促してくれました。

ももちゃん、ありがとうね。ほんとに、ありがとう。

はぁ、でも日々の生活を心豊かにして貰った代償はやはり大きいね。
こうして写真をアップしながらも涙が溢れて止まりません。


*************************************
右のカテゴリーの中に「ももちゃん」の項目も設けました。
ももちゃんの元気な時の姿をご覧いただければ嬉しいです。

by peau0320 | 2010-12-08 10:00 | ももちゃん


<< 沖縄本島      穏やかな冬のはじまり >>