ぽー&きぃ

peau.exblog.jp
ブログトップ | ログイン
2009年 10月 23日

大内宿、初めてでした^^

先日の会津の猫さんに出会う前に寄ったのが・・・
c0009934_16215422.jpg
湯野上温泉駅。
なんと茅葺屋根の駅です。赤い郵便ポストもあります。

c0009934_1622447.jpg
駅舎の中には囲炉裏があり、自在鉤には鉄瓶がかかっていました。
夏でもこの通りだそうです。茅葺の屋根に虫が巣食うのを防ぐためとか。

c0009934_15505322.jpg

c0009934_16203942.jpg
ももちゃんのご主人が仕事をされてる間、会津田島高校の近くの公園を散歩。

ご主人の仕事が終わって、向かったのは大内宿です。
郡山に来て36年になりますが、会津を殆ど知りません。ここも初めてでした。
c0009934_17402899.jpg
江戸時代に会津若松と日光を繋ぐ会津西街道(下野街道)の宿場町として賑わったそうです。
明治維新後、主要交通機関から外れたことで取り残され衰退したそうですが、
なるほど、このことは町並みを残すことにもなったわけですね。
現在は道の両側に48戸の茅葺屋根の民家が建ち並んで、
お土産屋、民宿、蕎麦屋などになっています。

↑の湯野上温泉駅も、1987年にこの大内宿の町並みになぞらえて
茅葺屋根の駅舎になったのだそうです。
c0009934_17415374.jpg
この大内宿は1981年に長野県の妻籠宿、奈良井宿に次いで
全国で3番目に重要伝統的建造物群保存地区に選定されたそうです。
で、この水路も復活。綺麗でとても冷たい水です。

c0009934_1742348.jpg
玉こんにゃくの田楽、美味しそう・・・
店先には無料のお茶の用意もされています。どこのお店の人も素朴で穏やか。

c0009934_17421929.jpg
お蕎麦屋さんのようです。

c0009934_17422762.jpg
いい感じです。時間があったら入りたいところでした。

着いたのが3時半過ぎ。紅葉シーズンなので平日にもかかわらず驚くほどたくさんの観光客。
でも小一時間ほどで潮が引くように人影もまばらになりました。日が落ちると急激に冷えてきます。
どんどん日が暮れてくる中を、ももちゃん、そしてぽー&きぃの待つ自宅にと急ぎました。

by peau0320 | 2009-10-23 22:47


<< Coffee Break      会津の勝手口猫さん >>