ぽー&きぃ

peau.exblog.jp
ブログトップ | ログイン
2009年 06月 10日

無事でよかった!^^

c0009934_1826577.jpg
(先日と同じ日の画像です。)

きぃはまったく飼い主冥利に尽きる猫です。よく甘え、よく反応してくれます。
例えば飼い主が外で近所の方と立ち話をしていると、いつもひょこひょこと現れては
足元にやってきます。ご近所でお茶をいただいていると、そのお宅の庭に来て、
早く外に出てきてと催促して声を上げます。そして飼い主が外に出るまで
庭の片隅でじっと待っています。まるで犬です。

そういうきぃですが、夜サンルームに戻らず、深夜もまったく戻った痕跡がなく、
翌日の朝になっても、お昼になっても、夕方になっても戻らない・・・
そういうことが年に1~2回はあります。
そういう時、飼い主は時間の経過とともにどんどん焦ります。
よそのお宅の物置に入り込んで出るに出られなくなっているのか。
事故に遭ったのか。用水路に落ちたのか。どんどんと最悪の事態を想像します。

一昨日がそうでした。近所や裏の田んぼを散々きぃの名前を呼びながら
歩き回って探しました。普段なら数回名前を呼べば、必ずどこからともなく
まるで湧いてきたように現れるのですが、まったく何の反応もなし。
いよいよもって今度こそ駄目なのか・・・
10歳まで無事できたことの方が奇跡だったのか・・・

家に戻って窓の外に目をやったら・・・ なんと! 
二軒先のブロック塀の上にきぃの後姿が見えました!
あぁー、無事でいたっ!☆ 吹っ飛んで駆けつけました!
ところが・・・ まるであれは幻だったのかと思えるほどきぃの姿はかき消えていました。
どれだけ名前を呼んでも何の反応も気配もなし。そこは空き家で飼い主も
一番可能性ありと思って、何度も外から名前を呼んだ場所です。

で、初めてその空き家の門扉を開けて庭に入ってみました。そうしたら
一緒に入ってくれたお向かいさんが植え込みの中の小さな気配
(飼い主の声に反応した小さな声)に気づいてくれました!
草が高く生い茂った、それこそ暗くて狭い植え込みの中に潜って覗いてみると・・・
いました!  間違いなく黄色いきぃの背中の一部が見えました! 
飼い主はショックでした。こんなきぃは初めて。呼んでも飼い主のそばに寄って来ない。
動かない。まるできぃでない・・・ 何事があったのか・・・

それから捕り物が始まりました。飼い主が植え込みの中に強引に潜り、
きぃが植え込みから外に逃げて飛び出し、更に飼い主が近づいたら
今度は道路に逃げ(飼い主、ますますショックでした。)、 道路でなおも
隙あらば逃げようと警戒心満々の様子のきぃをやっと抱き上げました!
植え込みの中に見つけたのが夕方6時過ぎで、捕獲(?)したのが7時過ぎでした。

そんなこんなでサンルームに戻り、カリカリも食べず水も飲まずに
そのまま爆睡に突入。5時間後、漸く起きてカリカリを口にしました。
この日(といってももう日が変わっていましたが)初めての食事だったはずです。

いったい何があったのか、勿論想像でしかないのですが・・・
苦手な猫さんに追いかけられた・・・ 苦手な猫さんが我が家の庭に
出入りしていて、サンルームに帰るに帰れなかった・・・
ここのところ大きな傷ではないけれど(抗生物質の軟膏でしのげる程度)
毎日のように頭や首、肩に必ず傷を負って帰ってきてました。
毎日様子も落ち着かず、時には苛立っていました。

外に出る猫は、外での「自由」と引き換えに縄張り争いというストレスを常に抱えています。
外の猫の世界の厳しさ難しさは多分飼い主の想像を大きく超えるものだと思います。
そして事故や病気の危険ともしっかり背中合わせです。
昨日今日、まだ食欲もなく落ち着かない様子が残っていて、ほんとのきぃでありません。
他の猫さんとのトラブルだとしても、なぜに飼い主の呼びかけに反応しなかったのか
飼い主から逃げようとしたのか、まったくわからないままです。
でも何はともあれ、無事でほんとによかったです^^

by peau0320 | 2009-06-10 21:44 | ぽー&きぃ


<< 押し絵      暗くて狭くて低いところ >>