ぽー&きぃ

peau.exblog.jp
ブログトップ | ログイン

タグ:SIGMA 30mmF/1.4 ( 8 ) タグの人気記事


2011年 01月 09日

プリンターが届いた^^

c0009934_16362562.jpg
わ♪

c0009934_16365150.jpg

c0009934_16381433.jpg

c0009934_16393263.jpg


またまた年末のものですが・・・

普段殆ど大きな変化の無い日常の中で、
段ボール箱の荷物が届いたりすると、
ぽーにスイッチが入ります^^
(スイッチが入った・・・ と言えば、
最近現政権のリーダーにも。期待してもいいのかしら?^^)

義姉からのメールがヒントになって
約10年ぶりにプリンターを新調しました。
今のプリンターってすごい。
コピーやスキャンも出来る多機能なのですね。
おまけにLANにも対応してるし^^

by peau0320 | 2011-01-09 16:30 | ぽー&きぃ
2010年 09月 27日

憮然

c0009934_1127643.jpg
憮然・・・ 

c0009934_1136193.jpg
ぽーが憮然としてるのはきぃがぽーの猫ベッドを自分のものにしてしまったから。

c0009934_11271381.jpg
代わりにリクライニングチェアがお前に戻ってきたからいいじゃない^^


c0009934_1233676.jpg
9月18日

穏やかな二匹に見えるけど、険悪な場面は飼い主に撮ってる余裕がないだけです。
きぃがぽーを威嚇し、一触即発かと思う場面が毎日必ずあります。
そんな時、ぽーは逃げないで一旦は果敢に(と飼い主には見える。)向き合うのですが、
結局はそろりそろりとその場を離れます。
一時は屈託のなかったぽーでしたが、荒っぽいきぃを恐れて、
今ではすっかりきぃに主導権を握られています。

きぃの尿スプレーは9月15日を最後にぴたりと止まりました。
今のきぃは外出は自由(殆ど室内ですが)で、ぽーに対しては優位に立ち、
夜は飼い主の布団の中にすっぽりと納まって眠る、という具合で
多分精神状態はかなり良いはずです。

c0009934_16342578.jpg
とはいっても、決して大威張りというわけでもなく、日中は殆ど二階で過ごし、
夜の団欒時は飼い主二人の膝を行き来して、きぃはきぃなりに安らぐ居場所を
確保するのに必死なのですが。

というわけで、きぃを室内に入れるようになって一ヶ月が過ぎましたが、
ぽーときぃの緊張関係はこの先もずっと変らず続きそうです。
飼い主が安心して留守が出来るようになるのはいつのことか・・・
アメリカの娘のところに行く日が少しずつ近づいてきているのですけれど。

by peau0320 | 2010-09-27 17:03 | ぽー&きぃ
2010年 03月 04日

伊豆はやっぱり美味しい^^


伊豆の友人宅で
c0009934_2241160.jpg
私たちを美味しいお茶で迎えてくれました^^
いつもながらに綺麗な食卓の整え方☆

c0009934_2241965.jpg
パール柑の中身を綺麗に剥いてラッピング♪
      つまり、こんな具合です↓
c0009934_22491730.jpg
心のこもったおもてなしを感じます^^

c0009934_22412420.jpg
向こう側の緑のお漬物は小松菜。これが絶品!!!
作り方をしっかり教わってきました^^
苺は「紅ほっぺ」という品種だそうですが、これまた美味しい☆ 


伊豆高原の宿で
c0009934_2241433.jpg
伊豆と言えばなんといっても金目鯛の煮付け。
さすがに目が大きい!^^ 二人に1匹の姿煮でした。ふっくらと煮えててお~いしい!♪ 

c0009934_2241491.jpg
伊豆の生山葵でいただく新鮮なお刺身☆

c0009934_2242280.jpg
朝食。和洋折衷の食事の宿でしたが、
量も程よくご飯も美味しかったです^^


宇久須(西伊豆。堂ヶ島と土肥の間)の宿で
c0009934_22423483.jpg
栃木県産コシヒカリを西伊豆の名水「健」で釜で炊き上げる「銀しゃり」、とのこと^^

c0009934_2242533.jpg
鮑の踊り焼き。
鮑はお刺身でいただきたかったかも^^

c0009934_2243259.jpg
睨まれてる気分^^

他に画像なしですが金目鯛の味噌漬けも美味でした☆

by peau0320 | 2010-03-04 23:50 |
2010年 02月 04日

寒い日には・・・

c0009934_2181553.jpg


c0009934_2235557.jpg


c0009934_2195620.jpg


お天気はいいのだけれど、外は凄く寒いので
家の中でぽーを相手に撮ってます。
スポット測光にしてみたり、レンズを換えたりしながら。
冷蔵庫の扉に貼ってあるのは岩合さんのカレンダー(アサヒカメラの付録)。
今月は田代島の猫たちの写真です♪

by peau0320 | 2010-02-04 22:37 | ぽー&きぃ
2009年 11月 29日

オランダ・ベルギー ~ブルージュからブリュッセルへ #2~

ブルージュからインターシティ(急行列車)で約1時間。ブリュッセル中央駅に着きました
ブリュッセルはベルギーの首都。ホテルにチェックインして、早速街へ。
c0009934_9261317.jpg
まずは街の中心、グラン・プラスです。
この広場に一歩足を踏み入れた途端、思わず声を上げました。
凄いです。(やはりこの写真では伝えきれてません。)
四角い広場が華麗な建物でぐるりと囲まれているのです。
建物は勿論堂々としてますが、重厚とだけ表現すると少しニュアンスが違う・・・
やっぱり華麗・・・ あ、なるほど! ガイドブックに「壮麗」という表現が使われていました。
ヴィクトル・ユーゴが「世界で一番美しい広場」と言ったそうです。

お昼抜きだったので、まずはワッフルでお茶。
そしてまたここで約2時間余り娘と別行動を取りました。
道に迷わぬよう、曲がり角では写真を撮りながらちょっと慎重に^^

c0009934_13472078.jpg
行ったのはステンドグラスが美しいというノートルダム・デュ・サブロン教会です。
今回の旅で初めて入った教会。中には高齢のシスターが一人だけ。
音楽が低く流れていて、いやでも気分が引き締まる雰囲気でした。

c0009934_14195544.jpg


c0009934_13485961.jpg
写真を撮っているうちに数人入ってきましたが、余り動き回るのも気が引けて早々に退散。

c0009934_13512171.jpg
外に出たら夕刻の柔らかい日が射していました。
夜だとこのステンドグラスが中の灯りで綺麗に浮かび上がるのだそうです。
それからもっと離れたところからこの教会の外観を眺めればよかったと後悔。
この後は近くのグラン・サブロン広場のチョコレート屋さんで買い物をしたり、アンティークショップを覘いたり。

c0009934_13515257.jpg
再びグランプラスに戻りましたが、暮れ始めてきていて焦りました。
最初に撮ったのとは反対側から撮っています。画面正面は「ブラバン公爵の館」。

c0009934_14184026.jpg
広場で元気に遊びに興じる若い旅行者たち。
画面右が「王の家」。(実際には王様は住んだことがないとのこと。)
現在市立博物館として使われているそうで、中にブリューゲル(父)の絵もあるようです。
1895年に元の16世紀前半当時の姿に再建されたそう。
画面左が市庁舎(15世紀のもの)。ノートルダム・デュ・サブロン教会と同じ建築様式だそうです。

c0009934_13531718.jpg
市庁舎です。
そうか、ここでお茶をすれば明るいうちにもっとこの広場を撮れましたね。

c0009934_13534797.jpg
ギャルリー・サン・チュベール(Galerie St.Hubert)(1847年完成)
ギャルリーとはショッピング・アーケードのこと。ヨーロッパで最も古いギャルリーのひとつとのことです。
ショッピング・アーケードといえば明るくて近代的でお洒落なイメージがありますが
ここは石造りで色調からしてもそれこそ重厚です。
娘とホテルで合流して再度このギャルリーのチョコレート屋さんに。
ベルギーのチョコレートはやっぱり美味しい☆ 鼻のいい友人はカカオの香りが違うと言います^^

c0009934_9514448.jpg
今回の旅の最後の夕食。ムール貝のワイン蒸しです。
実は余り味は期待していませんでした。美味しいという話を実際には聞いていなかったからです。
ところが、美味しい!☆ 玉葱とセロリも美味しい! さすがに美食の国です。
大きなお鍋にたっぷり入ってドンとテーブルに置かれるわけですが、
もうひと鍋いけるよねと娘共々大満足で、この旅の忘れられない味になりました^^
ベルギービールも飲みました^^ 

c0009934_14461826.jpg
このレストランは1903年創業のアールヌーヴォースタイルの内装のカフェです。
2000年にブリュッセルの文化遺産に指定されたようです。
この時は6時半頃でしたが、これが夜も更けるとこれらの席は埋まり
さぞや賑やかになることでしょう。(午前2時まで営業)

さぁ、次はこの旅の最終日です。

by peau0320 | 2009-11-29 18:12 |
2009年 11月 25日

オランダ・ベルギー ~アムステルダムからブルージュへ #2~

アントワープから鉄道で1時間20分、ブルージュ(Brugge)に着きました。
ブルージュはベルギーの北西部に位置し、やはり運河のある街です。
12、13世紀には西ヨーロッパ第一の貿易港となって
中世ヨーロッパの商業の中心地として栄えたそうです。
でも15世紀には水路が沈泥の為に商船が出入りできなくなり、
水路を閉ざされ、都市としての機能まで失ったおかげで、
中世の景観をそのまま残すことになった・・・ということのようです。
確かにももちゃんの飼い主さんに連れて行っていただいた大内宿も同じようなことでした。

c0009934_10354484.jpg
ホテルにチェックインして早速街歩きです。

c0009934_1743374.jpg
まずはあの船に乗ってこの街を眺めます。
前方に聳え立つ建物は高さ88mの鐘楼です。

c0009934_174428.jpg
運河沿いに並ぶ建物ですが、同じ運河でもベニスとは雰囲気が違います。
ここはとにかく静か、ベニスの方がもっと生活感がありました。
そう、ここは綺麗過ぎるという感じです。

c0009934_17442459.jpg
船から降りて先ほどの鐘楼に登りました。
366段。かなりきつかったです^^; でもそのおかげでこの景色☆

c0009934_17445096.jpg
狭くて急な階段。階段の途中では降りてくる人とすれ違えないので、お互い譲り合いながら。
でもやはりシーズンオフなのか観光客は多くありません。

c0009934_174557.jpg
この鐘楼には47個の鐘が組まれたカリヨンがあるそうです。これはそのドラム式カリヨン自動演奏装置。
巨大なオルゴールの中身のような形。頻繁に街に心地よく響き渡る綺麗な鐘の音は
この装置のおかげなんだと合点。でも専属のカリヨン奏者もいるそうです。
だからカリヨンコンサートなるものもあるんだと、とにかく帰ってから調べて納得^^;
(娘 撮影)

c0009934_17454826.jpg
マルクト広場に建つ州庁舎。(娘 撮影)

c0009934_17462323.jpg
昼食とも夕食ともつかぬものを摂り、ひと休みをしてから、
また街を歩きました。小雨が降っています。
前方にライトアップされた建物は聖母教会。修復工事中でした。
中にはミケランジェロの「聖母子像」や必見のパイプオルガンがあるとか。
これも帰ってから知りました。下調べ、全然足りてませんでした^^;
でもいずれにせよ、あれもこれもという訳にはいきません。なにせ短い旅ですから。

c0009934_17464155.jpg


c0009934_1842441.jpg


by peau0320 | 2009-11-25 23:30 |
2008年 02月 26日

ただいま謹慎中 #2

c0009934_16262252.jpg
飼い主の膝に頭を乗せて眠るきぃ

先週の土曜日から外出禁止にして今日で4日目。
今朝トイレの際、カラーを外してあげたら、
即、傷を引っ掻いて大量の出血。ちょっと慌てました。
やはり当分カラーは外せません。
で、オシッコの回数が急に頻繁になり、
(サンルームのトイレは嫌がり、何故かぽーのトイレばかり使う。)
けれど一度に出るのはごく少量。
しかもオシッコの際痛いのか、大声で怒ったように鳴きます。
これはもしや・・・ と気になり、すぐ病院に。

幸い、オシッコの出は悪くなく、心配した尿結石ではなく
ストレスによる突発性の尿道炎ではないかとのこと。
尿検査では僅かに蛋白が出ているけれど、
これは炎症を起している部分によるものだろうとのこと。
傷の方の抗生剤と一緒に与えるようにと新たにお薬が処方されました。
厄介な結石でなくてホッとしたけれど、飲ませるお薬が一つ増えた・・・

今のところ、飼い主の膝にくっついてる限り
外に出たいと騒ぐことなくおとなしくしています。


c0009934_1732968.jpg
一方、またまたきぃに追い出されて二階に逃れてるぽーですが、
きぃが眠っている隙にこっそり下に降りてくる・・・
ということを何度か繰り返してます。
主のいないサンルームがとても気になるらしく
下に降りてくるたびにサンルームの中を点検したり、
外を眺めたり、フラップを頭で押してみたり、
挙句の果てには・・・ 
これが食いしん坊のぽーらしくて笑っちゃうのですが、
きぃのカリカリを食べたり。

昨日ぽーがサンルームに入り込んでる際、
きぃが目を醒まして、ぽーの様子に気づいて・・・
きぃが怒ってうなり声を上げて手を出したので
ぽーはまたしても縮み上がって大焦り。
逃げ場のないぽーに飼い主が手を貸して
ようやく切り抜けました。

ぽー&きぃ、この5年半、網戸越しの付き合いはありましたが・・・
生まれてから実際一度も他の猫と接触をしたことなく
ぬくぬくと過ごしてきたぽーと、
長く外で縄張りを守って気を張って過ごしてきたきぃです。
のんびりおっとりの反面、気が弱いぽーと
自分より強いと見た猫以外には必ず走って追いかけるきぃです。
(この間のミケさんは例外中の例外。)
年齢も12歳と8歳ですから、
この二匹、うまく行く方が不思議かも。

ぽーがもう少しきぃに対して強い態度の取れる子なら、
きぃがもう少し穏やかな子なら・・・
無理なことをあれこれ思ってみても仕方ありません。

by peau0320 | 2008-02-26 17:40 | ぽー&きぃ
2008年 02月 07日

難しい・・・


c0009934_19182090.jpg
お久し振りのきぃ。
新年になって首輪を新調しました。
あ・・・ マグネットキーが後ろにまわってる。
首輪も緩いですね。少し痩せたかな。
それもそのはず。
いろいろありまして。

実は・・・
バリから戻った翌日、
ぽー&きぃの同居に踏み切りました。
きぃの長生きを考えてです。
が、結論を言いますと、
やわな飼い主は
ぽー&きぃの余りの相性の悪さに
僅か5日目にして挫けました。

サンルームに戻ったきぃ。
外猫の騒がしいこの季節、
日々落ち着きなく
外への出入りを繰り返しています。

さて、どうしたものか・・・ です。

c0009934_2130599.jpg


by peau0320 | 2008-02-07 22:23 | ぽー&きぃ