タグ:SIGMA 18-50mm F/2.8 ( 128 ) タグの人気記事


2011年 03月 13日

一昨日の地震

時間の経過と共にどんどん被害の拡大が報じられています。
大変な惨事となりました。一昨日のことなのですね。
もう随分時間が経ったような気もしています。
津波の映像にはまったく言葉もありません。
お亡くなりになった方、今も行方不明の方、今も救助を待っておられる方、
そして避難所生活を余儀なくされている方のことを思いますと
我が家が受けた被害などはまるでたいしたことではありませんでした。
家は確かにあちこち随分傷みましたが潰れたわけではないし、
断水はずっと続いていますが、ほんとに幸いなことに電気の方は大丈夫です。


地震が起きた時、ぽーは炬燵の中。私は炬燵で雲南省の画像を整理していました。
すぐさま炬燵に潜り、ぽーを必死に抱え込んで揺れが収まるのを待ちました。
あの揺れの中、ぽーがパニックを起こして何処かに隠れてしまったら
たとえ家の中であっても探し出すことは難しくなると思ったからです。
揺れはとても大きくて長い時間で、これはただ事ではないと思いました。
主人と娘家族の安否を確かめたくて炬燵の中で電話しましたが勿論繋がりません。
で、漸く少し収まり、それでも引き続き何度も起こる強い余震の合間に
炬燵から出てサンルームに走りましたが、きぃは不在(泣)。
不安が募りました。でもほどなくして思っていたよりずっと早くに
フラップの開く音! きぃが帰ってきました!

すぐにサンルームをロック。傾いて中の物が散乱した物置からケージを取り出し
きぃはケージに、ぽーは洗濯ネットに入れました。
とりあえずぽーときぃさえ手元にいれば安心。非常時にこの二匹が行方不明に
なってしまうのは耐えられません。これで例え何が起こっても何処にでも
一緒に逃げられる。この時の安堵の気持ちといったらありませんでした。

そして夕方には主人がいわきから無事に戻り、夜には娘とも連絡がつきました。
我が家はこうしてみな無事でいます。
まだ頻繁に起こる余震が怖くて(先ほどもありました。)昨夜もサンルームの
きぃのフラップはロックし、靴をそばに準備して服を着たまま炬燵で眠りました。
今夜も二階では眠れそうにありません。

まだまだ被災の全体が掴めていないといった状況ですが、原発のことも
政府の発表をそのまま信じていいのかと気になるところですが、
一人でも多くの方の救出を、そして一日でも早い復旧を強く祈るのみです。

c0009934_21401581.jpg
今日裏の様子を見に行ってきました。
いつもきぃやジュニア君ちの猫さんたちの写真を撮ってる場所がこうなっています。

今回の地震でたまたま他の場所においてあった↓このレンズをつけたPENTAXのK-5以外、
すべてのカメラとレンズが棚から落ちました。タムロンの90mmは完全に割れています。
他のものはまだ確認していません。余震に備えカメラバッグなどにおさめたままです。

by peau0320 | 2011-03-13 22:04
2011年 03月 10日

早春雲南紀行 ~元陽 猛品の棚田~

c0009934_14323587.jpg


c0009934_15212582.jpg


c0009934_14325990.jpg


c0009934_1433209.jpg



6~7年前、初めて見た元陽の棚田の写真は
航空写真のように真上から谷底に向かってすり鉢状に
連なる棚田を写したもので吃驚でした。

調べてみると・・・
日本の棚田百選に認定されてる棚田の平均面積は約12ha。
そのなかでも最大の岡山県の久米南町本庄の棚田で88ha。
それに対してこの猛品の棚田は1133haとありました!

2日目夕刻5時半、漸くこの日の目的地、猛品の棚田に到着。
で、帰りが大変だろうなと思いながら階段を延々と降りると
展望台があり、既に三脚で埋め尽くされている状態。
更に下に降りて、なんとか場所を確保。
ところが普段風景撮りで三脚を使うことなどなくて、
しかも混んでるから自在に場所を替えるわけにもいかずで、
とにかく勝手が違って四苦八苦でした^^; 

おまけに・・・ ふっと気づいて時計を見たら、
なんと7時15分過ぎ(驚)! 集合時間は7時半だのに! 
息も絶え絶えになって 長い長い階段を這い上がってバスに戻りました。
5分の完全なる遅刻!^^; みなさん、ごめんなさい。
階段の降り口で待っていて下さったガイドさんと
旅行社の社員の温かい対応に深謝です。

(出かける前、ももちゃんの飼い主さんから散々言われていたのです。
夢中になって時間に遅れちゃ駄目よと。やってしまいました^^;)


というわけで、この猛品の棚田は凄かったというより
辛かったという思いの方が強いです。
以後、常に時計とメンバーの姿を確認しながらの
行動だったことは言うまでもありません^^;

                         ↓1枚目のみももやさんのお父さんからお借りしたTAMRON 18-250mm F3.5-F6.3

by peau0320 | 2011-03-10 15:38 |
2011年 03月 08日

早春雲南紀行 ~昆明から元陽へ #2~

昆明から元陽に向かう途中の昼食のレストランで。
c0009934_1562265.jpg
プロの方のカメラの液晶を見せていただいて思わず私も倣ってみました^^
なんでもないポットもこのように並んでるとカラフルな被写体です。

c0009934_1953654.jpg

c0009934_1955420.jpg
通路脇に厨房があり、下ごしらえが済んだような食材が並んでました。
で、正直美味しそうには全然見えなくて内心心配だったのですが・・・

c0009934_1663052.jpg
c0009934_1661236.jpg
とんでもない! 出てきたお料理はどれもとても美味しかったです^^

現地ガイドさんがこの辺ではここが一番なんですと言って
2日目も3日目もお昼は同じこのレストランでした。
ちなみにこの画像は3日目のものです。
テーブルに散らしたミントの葉は蠅よけだそうです。
(時間の経過と共にその効果は薄れたけれど^^;)
見た目は素朴な田舎料理ですが、野菜豊富、品数豊富で、
旅を振り返ると、食事はここがやはり一番美味しかったです。

飲み物はビールとお茶。
中国では冷えたビールを飲む習慣はないようです。
私達のテーブルには常に冷えたビールが提供されましたが。

by peau0320 | 2011-03-08 21:34 |
2011年 03月 07日

早春雲南紀行 ~昆明から元陽へ #1~

モンゴル族の村の中
c0009934_14553567.jpg
c0009934_14554940.jpg
c0009934_14564756.jpg
c0009934_1457785.jpg
c0009934_14571823.jpg
c0009934_1501135.jpg
c0009934_1505459.jpg
c0009934_151851.jpg
c0009934_1513337.jpg


モンゴル族の村の外
c0009934_1523261.jpg
c0009934_1524697.jpg



昆明からはずっとバスの旅でした。
まず二日目、棚田のある元陽に向かいましたが、
途中モンゴル族の村に寄りました。
雲南省の人口の1/3を少数民族
(イ族、ハニ族、ペー族など多数)が占めてるそうですが、
モンゴル族の村はここだけだとか。

人影がまばらで不思議に思ったら、集会所らしき所に
沢山の人が集まっていました。お葬式だったそうです。

いつもの私の撮り方や構図と異なるものがいくつかあります。
プロの方に倣って真正面(ちょっとずれてます^^;)から撮ってみたり。
なんでもないものがアートっぽくなります。
せっかくの機会なので、いろいろトライしてみましたが、
このなんでもないものに目を留めるということ、
それから正確に真正面から構えるということ、難しいですね。

by peau0320 | 2011-03-07 15:48 |
2011年 03月 04日

早春雲南紀行 ~羽田から上海へ~

中国雲南省元陽のとんでもなくスケールの大きな棚田を
初めてネット上で見たのはもう6~7年程前でしょうか。
行きたいけれど個人ではとても無理と諦めていた旅先でした。
ツアーで行くということは思いつきませんでした。

ところがANAの旅達会員限定ツアーとして、この元陽の棚田や
羅平の菜の花などをまわる早春雲南紀行というツアーの募集がありました。
しかもなんとプロカメラマン同行の撮影ツアー☆

ツアーは自由が利かない、お土産店巡りはいや、そして団体行動は
苦手という意識もあって、ツアーならではの良さは認めながらも
海外ツアーはこれまで中抜きパック以外利用したことがありませんでした。

でもこのツアーは有難い行き先と目的。そしてお土産店への立ち寄りは
一切なしと謳ってあり、自分にとって願ったり敵ったりの内容。
参加者の撮影レベルがうんと高いものならどうしようという不安はありましたが、
それでも元陽の棚田や広大だという菜の花の絶景に出会えるだけでも
いいじゃないかと考えて、思い切って申し込みをしました。


c0009934_10105586.jpg

c0009934_1012714.jpg

c0009934_10114918.jpg
羽田発のフライトだったので羽田近辺のホテルに前泊。
朝、空港へのホテルバスの中で同じツアーの方に出会い一安心。
出発前からカメラや写真の話が出来て、早くも撮影ツアーモード^^

で、羽田からまず上海へ。
上海の空港で初めて今回のプロのカメラマンとツアー参加者(ご夫婦2組、
一人参加は私を含めて8名)、旅行会社出張社員1名の全員が揃いました。
私はこれまで写真サークルにも撮影会にも一度も参加したことがありません。
プロの方はとても親しみの持てる方でこれまた一安心。参加者レベルは
初心者からフルサイズのカメラをお持ちの方まで幅広くといった具合でした。


上海人民広場
c0009934_1134173.jpg


南京路
c0009934_12121074.jpg

c0009934_10124445.jpg

c0009934_10133815.jpg

欠航によるスケジュール変更で、昆明への乗り継ぎ便の待ち時間を利用して上海の街中に。
出発前、リビアの反体制デモに中国政府が神経を尖らせているという報道あり。
でも上海の街中は観光客と買い物客で溢れかえり平和そのもの。
前回(4年半前)の上海より更に更に大都会となっていて、
目に映る街並みも人も東京と殆ど変らないといった印象。

そして夕方の便で昆明に。10時半頃、昆明のホテルに到着。

途中、プロの方の作品を少しiPadで見せていただきました。
被写体を真正面から切り取る撮り方、そして色を意識されてることが
とても新鮮でした。また過剰に絞りを開けないで撮るという考え方、
コントラストも決して高くない作品の仕上げ方に生意気な表現ですが
好感を覚えました。良い先生に出会えたと思いました。
思い切って参加してよかった^^

by peau0320 | 2011-03-04 15:50 |
2011年 01月 16日

とうとう積もったね。

c0009934_1624362.jpg


c0009934_174398.jpg


c0009934_16313737.jpg


c0009934_1625593.jpg


気温の低い日が続いてる割には殆ど雪はなかったのに
今朝は久々の積雪。でもこんなものでは終わらない筈です。
午前中は晴れ間も見えたけれど、今はまたしっかりと降り続いてます。
明朝はどうなるでしょう。

お尻の傷は13日に抜糸をして綺麗になりました。
今回は6針縫いましたが、もっと早い処置であれば
縫わずに済んだそうです。お正月休みにかかっていたので
なんともタイミングが悪かったです。

元日から2週間近く抗生剤を飲ませたわけですが
今回は飼い主を避けることもなく、無抵抗に投薬に応じました。
但し・・・
サンルームの片隅やカリカリのお皿の陰に
ふやけた錠剤がぼそっところがっているのを見つけること三度。

飲んだ振りをして後からそっと口から出したみたいです。
きぃはやっぱり賢いというか、なかなか侮れません。
もっとも・・・ ぽーがぽーなので、
我が家の猫の賢さのレベルは低いのかもしれないですけれど^^

by peau0320 | 2011-01-16 17:20 | ぽー&きぃ
2010年 12月 20日

沖縄本島

c0009934_17293640.jpg


c0009934_14251792.jpg


c0009934_13373711.jpg


伊豆の友達と羽田で待ち合わせ、沖縄本島に行ってきました。
個人旅行ではなく完全なツアー。
宿泊を伴うものとしてはツアーは初めてです。
感想としては・・・ やはり一長一短です。

宮古島はサトウキビ畑と碧い海でひたすら長閑でしたが
本島はガイドさんの説明や車窓から垣間見えた基地などで
「戦争」という二文字を身近に意識させられました。
(これはツアーだったからこそですね。)

そして旺盛な緑と始終耳に入ってくる音楽から
何度もバリ島を思い出しました^^
バリ島にもまた行きたいのは山々だけれど、
マルタ島にも行ってみたいのだけれど、
年寄りのぽーを置いていくことに、
躊躇う気持ちが出てきています。

c0009934_17282776.jpg


さて、今年も残すところ10日となりました。
カメラやレンズに対する関心は例年以上に強かったのですが、
実際に撮影に出かけることは少ない一年でした。
今年はこの辺でおしまいにしたいと思います。
更新の滞りがちなこのブログにお付き合い下さいまして
今年も本当に有難うございました。

by peau0320 | 2010-12-20 17:30 |
2010年 11月 30日

ちび太君

c0009934_2104577.jpg

先日「留守番猫」でぺぇすけ君の後ろにチラリと写っていたちび太君。
今日はそのちび太君の紹介です。

あの暑かった夏、8月31日に突然ジュニア君ちに現れたそうです。
小さくて、がりがりにやせ細って、お腹を空かせて。
翌々日獣医さんに診せたら、体重は僅かに400グラムしかないのに
推定年齢は2ヵ月半だったとか。
現在推定5ヵ月半、食欲は旺盛だけれど体重は多分2キロはなさそう。
痩せてます。動きがとても活発だからすべて消費しちゃうのでしょう。←羨ましい^^

c0009934_210523.jpg
ぺぇすけ君の後ろからとことこ駆け寄ってくるちび太君。

c0009934_2105951.jpg
ちび太君(左)とぺぇすけ君(右)
この二匹、兄弟である筈はないのに(多分)、顔立ちがとても似ています^^

c0009934_2111868.jpg
新旧の新入り猫さん3匹が揃いました。
右のグレちゃんは一昨年、左後方のぺぇすけ君は昨年、
左手前のちび太君は今年、つまり3年続けて一匹ずつ
ジュニア君ちの猫さんは増えたわけです。
猫たちにとってジュニア君ちの敷居の低さは今も続いているのですね。

でも問題がないわけではなく、例えば先住猫のちぃちゃんは
お母さんのお布団に来れなくなってしまったようです。可哀相・・・
(ちぃちゃんは今日無事退院してきたそうです。)

それにしても、手前のちび太君、なんとも珍しい座り方!^^
そして3匹が揃って気にしている前方には・・・

c0009934_211349.jpg
やっぱりね・・・
噂をすれば影・・・ きぃさん登場^^

c0009934_2124035.jpg
昨年は田んぼを駆け回っていたグレちゃんとぺぇすけ君だけど
今ではそれがちび太君に取って代わられてます。

c0009934_2114590.jpg
きぃも草むらに顎を乗せて半分とろとろしているようです。

でもこの後、ちび太君が田んぼの畦道に駆け上がったら、
きぃがいきなりちび太君に突進し、
「ここはボクの田んぼ!」
と言わんばかりに激しく威嚇をしました。
(こらこら お前だけの田んぼじゃないって!^^;)

この間のきぃのぽーとの同居トライ期間、ぽーに対して
きぃがたびたび威嚇をしたのとまったく同じでした。
で、その様子に驚いたぺぇすけ君が後ろからしきりに
抗議の声を上げました。
「うちの子に何するんだよ!!」
と言わんばかりに。

飼い主さんの話によると
グレちゃんが一番ちび太君の面倒をよくみているようですが、
ちび太君はお兄ちゃん達に守られてとても幸せ。
この3匹、結束が固いなと感心すると共に羨ましく思いました。
飼い主さんが細かなことに拘らず、尚且つ
たっぷり愛情を注いでおられるからこそですね^^

by peau0320 | 2010-11-30 23:26 | ご近所猫
2010年 11月 28日

ももちゃんにエール!

c0009934_17222952.jpg


c0009934_169185.jpg


c0009934_1691488.jpg


c0009934_1685066.jpg


ももちゃんの体力の低下が進んでいます。
散歩の距離もうんと短いものとなっていて、
その後ろ姿は痛々しいほど。
以前のように元気に脱走して、
きぃのサンルームに来て欲しいけれど
それはもう無理かもしれません。

buebueさんのchacoちゃんの記事が気になって、
ももちゃんの飼い主さん共々読ませていただいています。)

by peau0320 | 2010-11-28 19:00 | ももちゃん
2010年 11月 06日

たじころ

c0009934_21165445.jpg
「たじころ」のころちゃん。この子も前回より大きくなっていて、なんだか巨大猫予備軍の雰囲気・・・
変らないのはとにかくマイペースでいつも外を見ていること。

c0009934_21171271.jpg
じろさんところちゃんはよく揃ってここにいます。
なにせすぐ近くにカリカリとお水が^^ とにかくこの二匹、よく食べます。

c0009934_21173967.jpg
手前は「たじころ」のたろさん。奥がころちゃん。
たろさんは元々少食で、春から夏にかけて病気(やはり腎臓)もしたので、
じろさんとはまったく体型が違います。相変わらず美猫^^

c0009934_2118810.jpg
これだとじろさんのデカさが分かるかなぁ。

c0009934_2117482.jpg
手前はたろさん。奥がじろさん。

3匹の中でじろさんが一番懐いてくれました。
忙しい娘に代わって「たじころ」のブラッシングをしたり体を拭いたりしたのですが
じっくり体を預けてくれたのはじろさんだけ。たろさんはほんの少し。
ころちゃんに至っては触らせてもくれませんでした。
いつもなら一番甘えんぼのたろさんが少しも私に甘えないのを見て、
娘が不思議がりました。
たぁたはもしかするとお母さんのことを子供だと思ってるのかも!?」
なるほどねぇ(笑)

by peau0320 | 2010-11-06 00:16 | たじころ