ぽー&きぃ

peau.exblog.jp
ブログトップ | ログイン
2014年 12月 10日

除染

c0009934_18020345.jpg
c0009934_17440453.jpg
8月19日の除染説明会以来、音も沙汰もなかった除染。
一昨日、漸く敷地内線量測定の業者さんが来てくれた。
留守をしていなくて良かった。

測定機器は日立ALOKA(空間線量測定と表面汚染測定の二種)のサーベイメーター。
空間線量で一番高いのはやはり雨樋排出口で0.69μSv/hだった。
また空間線量はさほど高くなかった玄関アプローチの石段脇が
表面汚染の数値としては一番高かったのが意外だった。
業者さんたちはどういう場所の数値が一番高いかをよくご存知だ。

そして我が家の空間線量測定機器は購入以来(2011年7月)
校正に出していないので、信頼出来るかどうかが多少不安だったけれど
業者さんの機器とほぼ同じ数値を表示したので、その点安心した。
(我が家の機器の方が0.01〜0,02の差で低く表示)

因みにこの機器、
東電が自主的除染にかかった費用の賠償に応じるとの報道があり、
申請書を取り寄せ、領収書を添付して提出した。
結果、購入費用14万余りのうちの10万が物品購入費として賠償された。
削られた4万余りは、必要かつ合理的と認められる範囲を超える部分なのだという。
納得がいかなかったけれど、面倒で同意した。

そもそも申請書の記入自体も、
複数の冊子になっている解説書などを読まねばならず、とても面倒だった。
あれでは高齢者だったら申請自体を諦めてしまうかもしれない。

業者さんが持っていた近辺の区画図を見たら
空き家になっている我が家の両隣は除染に同意していない。
そして裏は除染対象外の用水路と耕作放棄地。
我が家の敷地の除染は、多分気分的な効果しかないだろうなと思う。
勿論それでもやってもらいますけどね。





# by peau0320 | 2014-12-10 20:03
2014年 12月 05日

写真展「のこされた動物たち」

c0009934_21291189.jpg
南相馬の市民文化会館「ゆめはっと」で開催中の写真展
福島の原発被災地で今も給餌活動を続けておられる
カメラマン太田康介氏の写真展です。
展示されているのは、この地の震災直後から一年にわたって撮られたものです。
この方、右の外部リンクにある「うちのとらまる」さんです。

c0009934_21291436.jpg
被災地に残された動物たちの苦しみ、悲しみ、そして
このことを伝えたかったカメラマンの方の思いが強烈に伝わりました。
シェルターで犬猫さんのお世話のお手伝いをしていただけでは
知り得なかった壮絶な世界でした。
なんというか… 今、とても気持ちが落ち着かないです。

写真展は7日(日)までです。
一人でも多くの方が観に行って下さるよう願っています。




# by peau0320 | 2014-12-05 21:51
2014年 11月 30日

猫づくし^^


ももちゃんの飼い主さんの車で会津まで久々のドライブ。
お昼のお蕎麦屋さんの勝手口には、なんと6匹の猫さん♪
c0009934_15471043.jpg
(わかりにくいけど水道の下に赤トラ猫さんもいるので計6匹^^)

c0009934_15473764.jpg
この二匹は兄弟だとか。お客さんの腰に付いてる鈴付きの紐に夢中。


食後、猫展をやってるという版画家の斎藤清美術館に。
会津出身の斎藤清さんの作品は雪の会津の風景で有名だけれど
実は余りよく知らなかった。
あんなに沢山の猫さんの作品があったなんて!☆
身近にいた猫さんたちがとてもシンプルにモダンに表現されてた。

c0009934_15474224.jpg
でもって、館内の多目的ホールの窓越しに
トコトコと白黒猫さんの歩くところが見えたりして
この日は嬉しいことに猫づくしの一日^^



さて久々に我が家のきぃはというと…
c0009934_16102898.jpg
c0009934_16103495.jpg
鼻の頭の瘡蓋は取れたり出来たりを緩〜く繰り返しつつ
少しずつ範囲は広がってる。
ただ盛り上がっては来ていないし食欲もまずまず。
特に最近は威張ってて(ヒトが益々下僕化してるともいえる^^;)元気はいい。


******************************************************************

三春の動物救護シェルターで出会い懇意になったボラさんが
ギャラリーGallery Paw Padをオープンされた。
最寄り駅は小田急線の祖師ヶ谷大蔵。ブログはこちら
現在オープニングを飾る写真展を開催中。12月6日(土)まで。

同じくシェルターで出会い懇意になったボラさんが
12月6日(土)、ルーテル市ヶ谷センターコンサートホールで上演の


先月の上京の際に観た八王子夢美術館の写真展「昭和の子ども」では
終戦直後の子供たちの健気さ逞しさに胸を衝かれて、思わずポロポロ。
今回も深く印象に残る写真、舞台、言葉に出会えるといいな^^
先月タイミングが合わなくて行けなかった保護猫カフェ「まち猫」と
春の写真展を見逃した浅草のギャラリー・エフにも寄りたい。



# by peau0320 | 2014-11-30 17:01
2014年 11月 04日

2014年秋 動物救護シェルターの犬猫さんたち



こちらも是非よろしくお願い致します!☆

c0009934_17272978.jpg
チロ(仔犬)&マム(母犬)
飼育放棄されてシェルターに来たのだけれど
人が大好きで、とても愛らしい親子の犬さん^^
コーギーのMIXなのか、可愛い足はしっかり短足!^^


c0009934_17290660.jpg
前回の記事の三枚目の写真の仔猫さんたちのお母さん。
この画像では伝えきれてないけど、ものすごい美猫さん。
しかもとても懐っこい!☆


c0009934_20252755.jpg
ロバート(左)、コメット(右)
この子たちのいる部屋は人馴れしてない猫さんばかりなのだけれど
何故か、というか、だからこそなのか足が向く^^


c0009934_17294010.jpg
上段はサキ、中段はじろちょうロバート、下段はそのこコメット
一応みんな目線をくれてるけれど、揃いも揃って憮然としてる^^;
お寝みのところをごめんね〜と、慌てて退散!


c0009934_17311837.jpg
上からトッコ鈴蘭すみれ  (by iPhone)


c0009934_17314409.jpg
ファニー(左)トップ(右)


c0009934_17321557.jpg
ニケ (後ろはティガ
スコティッシュのMIX? 
始終後ろ足二本で立ってるのだけど、撮れない^^;


c0009934_17323458.jpg
ドット、奥にいるのは愛子


c0009934_20512170.jpg
いつの間にか一番の古株になってしまったね。
体は小さいけれど、向こうっ気の強い元気な女の子^^



☆☆11月23日(日)にまた里親会があるようです。
どうぞ、沢山の方が犬猫さんとのお見合いに
お越し下さいますよう願っています。☆☆



# by peau0320 | 2014-11-04 21:08
2014年 09月 26日

今年もこの日が過ぎた。



c0009934_21531188.jpg


昨日の9月25日でぽーが亡くなって3年が過ぎた。
やっと今年もこの日が過ぎてくれた。
毎年8月9月の2ヶ月は辛い。
3年前の可哀想だったぽーの最期の2ヶ月を思い出して
ことあるごとにズン…と気持ちが沈む。

治る見込みなど無かったのに
あの2ヶ月間、嫌がるぽーに投薬を続けてしまった。
9月21日にはもう呼吸が浅くなってきていて、
冷たいところを求めて、苦しい体で移動を繰り返した。
最期の3日間は昼も夜も無くて、
体を横にすることも目を閉じることも出来なかった。
最期はこれまで聞いたことも無いような声を上げ
二度大きくのけぞって痙攣をし呼吸がとまった。

どうして、もっと早く楽にさせてあげなかったのか。
何故もっと早く投薬をストップして、静かに見守れなかったか。
でも、これは後で言えることであって
その時はひたすらぽーの命を繋ぎ止めたい、その思いだけで必死だった。
もう楽にさせてあげなくては、と漸く気持ちを切り替えて
投薬をやめたのが9月23日。亡くなったのはその日を含めて3日後だった。

あれから3年、自分が如何に猫の腎臓の病気に無知だったか、
危機意識を持って来なかったかにも度々気づかされている。
腎機能の衰えは余程悪くならなければ血液検査の数値に表れないらしい。
そして一旦悪くなった腎臓は元に戻らない。
高齢になって、オシッコ玉の形がきれいなブリオッシュ型から
ぺったりと固まりだしたら、腎機能の低下を疑って獣医さんに、
とはハルノ宵子さんが書かれてる。これも大いに思い当たるのだ。

c0009934_16332430.jpg
きぃは15歳。いまのところオシッコ玉の形はとても健全。
きぃの健康には充分に気をつけるつもりだけれど、
ぽーの苦しかった2ヶ月を看た経験は無駄にしたくないと
ぽーの命日が巡って来るたびに繰り返し思っている。





# by peau0320 | 2014-09-26 20:55 | ぽー&きぃ
2014年 09月 10日

里親会



c0009934_13114509.jpg
左からまめちびズー



c0009934_13115128.jpg
白猫さんがぱんく、後ろキジトラさんがしずく、黒猫さんはらすくもずく


c0009934_15254423.jpg
左からはくた(肉球マーク)、らんらんこーあい

c0009934_14014128.jpg
成猫さんも。下はサキ(こっちを向いておくれ!)とコメット 
トミ吉は以前はアストラの陰に隠れていた。
こういう少しずつの変化を見れるのが嬉しい^^



☆☆9月14日(日)、にゃんだーのシェルターで里親会があります。
保護っ子の犬猫さんが沢山の方の目に触れて、
お一人でも多く里親さんのお申し出がありますようにと願っています。☆☆



# by peau0320 | 2014-09-10 16:03
2014年 08月 24日

残暑お見舞い申し上げます。

c0009934_15195297.jpg


c0009934_20580854.jpg
相変わらず鼻の頭が賑やかしくて、まるで涼しくない画像ですが…


c0009934_14270185.jpg
日曜大工に嵌っておられるももちゃんの飼い主さんに
きぃの食器台を作っていただいた。
全て面取りもして下さって、釘は竹製のくぎのみ。
とても綺麗なお仕事で感謝です☆


〜〜〜覚え書きの意味も含めて〜〜〜
漸くこの地域の除染に関する通知が届き、先日(8/19)はその説明会があった。
除染の基準値(0,23μSv/h)見直しの報道が環境省からもあったので気を揉んでいたけれど、
郡山市内は平成27年度までの湖南地区を除く全域での除染実施計画に
変わりがないとのこと。正直やれやれと胸を撫で下ろした。
で、ここは10月から来年半ばまでの期間に行うとのこと。
にしても! これでは事故から約4年近くも待たされての
除染実施ということになる(怒)。

朝日新聞に時折(どういうペースなのか掴めない)福島県の放射線量が掲載される。
郡山は0.15μSv/hとなってるが、いったい何処のことかと尋ねたい。
近くの通学路脇のモニタリングポストは0,390と表示されてる。
我が家の線量計(Mr.GAMMA A2700)は購入後(2011年8月)
一度も校正に出していないのだけれど…
いまだに庭の雨樋下は0,68、砂利の上は0,43~0,49。
屋内だって高いところは0,2を超える。
確かに線量計購入当初に比べれば1/3くらいになっているけれど
この線量、他県だったら当然かなり問題になる数値の筈。
こんなに高い線量で3年半も待たされ、悔しいことに慣らされてきている。

それからすぐ裏は用水路で、その両脇の法面は私有地ではないので
今回の除染の対象から外れてしまう。
除染による除去土壌は自宅庭に埋設。中間貯蔵施設が出来、
そこに搬出される迄、また多くの時間を待たされることになる。


c0009934_21145094.jpg
▲2014.09.12の朝日新聞福島版の記事追加




〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

梟通信〜ホンの戯言さんの以下の記事をどうぞ。



紹介されてる「わたくしは日本国憲法です。」
私も読んでみたいと思う。





# by peau0320 | 2014-08-24 15:03
2014年 08月 03日

近況など

c0009934_13245956.jpg
(7月29日)

数日前になるが、猛烈な暑さの郡山から脱出し、友人の山の家(天栄村)に。
陽射しは強いけれど、ひとたび木陰に入れば驚くほど涼しい。
屋内は窓を開け放せば爽やかな風が通り抜け、心地いいことこの上なくて^^
我が家の庭ではとっくに咲き終わった紫陽花が、ここではちょうど見頃だった。


先日、koroさんの「まさかり半島日記」で紹介されてた「開店休業」。
吉本隆明さんと長女の漫画家ハルノ宵子さんの共著。
実はごく最近、このハルノ宵子さんの
「それでも猫は出かけていく」を読んだばかりで
「開店休業」も読んでみたいなと思っていたところ。
なので、koroさんの記事を読んで、その夜のうちに図書館にネット予約。

吉本家に猫さんがいることは隆明さんの「フランシス子へ」を読んで初めて知った。
しかもそのフランシス子(の性格)がぽーによく似ていて、
ちょっと嬉しかったりもして^^
ハルノさんの「それでも…」では、フランシス子は
「父の愛人」、「父と相思相愛の仲」と紹介されている^^


c0009934_19244231.jpg
(8月3日)

ハルノさんは、筋金入りの猫飼いさんで、
(保護シェルターで出会ったボラさん達もまさにそう。
私のような柔な人間はただただ圧倒されるのみ。)
猫にもヒト(ご近所、行政)にも肝っ玉が据わっていて
その書きっぷり&描きっぷりはとても痛快。
言いたいことを遠慮無しに言えるホームドクター(獣医さん)もいて、
猫の医療に関する知識も深いから、
心に響く魅力的な文章に惹かれるとともに、沢山学ばせてもらえてる。
「開店休業」が手元に届く前にと、今、もう一度読み返している。


****************************************************************
c0009934_15310228.jpg
左からるりこーあいらんらんはくた
奥のマイペースの子はとも の兄弟姉妹


c0009934_14391546.jpg
左から「もずく」or「らすく」(シッポの形で見分けてるとか。)、
「ぱんく」(白)、「しずく」(キジトラ)の兄弟姉妹


c0009934_14090878.jpg
前列左からささつきみ、後列左からよもぎきびはなみ
ぴんちゃんの子供なので、お母さんに似て美猫揃い^^


何処の保護シェルターも個人の保護主さん宅でも現在子猫ラッシュ!
にゃんだー」も「LYSTA」さんも、
そして「にゃんにゃん猫にゃん」さんも「幸せの肉球」(*)さんも。
この子達たちの一匹でも多くが、家族の一員として迎えられ
終生穏やかな暮らしが得られますように!

追記
*あの光生くんに追加記事が☆ 
そして現在トライアル待ちだそう!! (8月5日) 



# by peau0320 | 2014-08-03 20:19
2014年 07月 04日

紫陽花の季節

c0009934_13360456.jpg
c0009934_13361138.jpg
▲(6月20日)
雨の中の紫陽花が美しい季節。震災の年を除いて一昨年まで
毎年東側の庭の紫陽花をきぃと絡めてほぼ同じ位置から撮ってきた。
(昨年はきぃは既に完全屋内だったのでスルー。)
今年は屋内のきぃをフレームに入れて。
でも、努力しない写真はやっぱりそれなりだと過去写真を見返して思う。

2012年の紫陽花&きぃ (シェルターの猫さんたちの最後にある。)
2010年の紫陽花&きぃ
2009年の紫陽花&きぃ (かなり粘って撮ってたのねと我ながら感心。)
2008年の紫陽花&きぃ
2007年の紫陽花&きぃ
   ・
   ・


きぃの鼻を初めて獣医さんに相談してから約二ヶ月。
写真のピントは目でなく鼻の頭という毎日。
瘡蓋は取れたり出来たりを相変わらず繰り返しているけど
傷の大きさはほぼ変わりがない。
掲示板の獣医さんが仰ってた盛り上がってくる様子もなく
本人もすこぶる元気なのがなにより嬉しく有難い。

c0009934_13383441.jpg
▲(6月4日 iPhone)
本人がしきりに舐めて瘡蓋が取れた。

c0009934_13395069.jpg
▲(6月7日)
瘡蓋が出来始めたところ。

c0009934_14431156.jpg
▲(6月13日)
瘡蓋が毛の下で余り目立たないけれど…

c0009934_13414336.jpg
▲(6月16日 iPhone)
舐めて鼻の頭が濡れてると瘡蓋の輪郭がはっきりする。

c0009934_13422839.jpg
▲(6月17日)
きぃの鼻の穴の周りは黒いシミ(模様?)が多くてやたら賑やか^^;

c0009934_13440683.jpg
▲(6月25日 iPhone)
この鼻の頭の僅かに右寄りが傷(瘡蓋)本体。

c0009934_13425483.jpg
▲(6月27日)
傷(瘡蓋)の斜め左上がうっすら黒ずんできてるのが少し気になる。
毛の下で同じような傷が出来つつあるのか??



〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

c0009934_16251421.jpg
右の「お気に入りブログ」にもある
あめくんの里親さまを絶賛募集中です!!

また、右の「外部リンク」にもある「幸せの肉球」さんの記事
光生のこと」も是非ご覧下さい!
こちらも光生くんをまるっと受け入れて下さる里親さまを募集中です!!

あめくんや光生くんに関わっておられる皆さんの
決して諦めない妥協しない強い気持ちに胸を打たれています。





# by peau0320 | 2014-07-04 20:35 | ぽー&きぃ
2014年 05月 31日

新緑の奥会津 〜山菜尽くしのお料理〜



このお宿のお薦めは季節の食材を使った創作料理だと聞いていた。
今なら、春の恵みの山菜♪ 
予約の電話を入れたらTVのローカル番組で生中継があったばかりと。
(スタッフ総勢25名の撮影だったとか!)

で、実際のそのお料理はというと、
美しい盛りつけ、上品な薄味、細やかな心配りのある器の配置などなど
予想を遥かに上回る素晴らしさ!☆
c0009934_20204582.jpg

c0009934_11390064.jpg
先付


c0009934_11390424.jpg
前菜


c0009934_21212224.jpg
蒸し物


c0009934_20223735.jpg
焼き物 切り子のグラスで冷酒を♪


c0009934_11391112.jpg
手作りガラス製の箸置き 花はアジュガ
(西洋十二単。日本固有の野草の十二単ではなくて園芸品種らしい。)


c0009934_20224619.jpg
煮物 たっぷりとした会津塗りの器で


c0009934_20225116.jpg
水菓子


c0009934_11392087.jpg
朝食


お宿のご主人の心づくしのお料理をしっかりと堪能させていただいた^^
紅葉の季節にまた訪れたいけれど、直前の予約でも大丈夫かしら。




# by peau0320 | 2014-05-31 17:20 |