ぽー&きぃ

peau.exblog.jp
ブログトップ | ログイン
2017年 12月 29日

浪江町給餌同行 【その2】


浪江町給餌同行 【その1】はこちら

c0009934_21593889.jpg
▲2015年3月に完成した大平山霊園
大津波で流された請戸など被災地区のお墓もこちらに移されたようです。

c0009934_21595323.jpg
▲昨年春の被災地ツアー時の画像。請戸の慰霊の場になっていたのだと思います。

c0009934_22003028.jpg
▲現在、この霊園の一画に移されて祀られています。

c0009934_22004020.jpg
c0009934_22004599.jpg
▲これだと、この先お墓をお参りする家族にずっと伝わりますね。
震災後の前を向いている気持ちも伝わってきます。

c0009934_22005262.jpg
▲墓地を背にしてこの春慰霊碑が建てられました。
画像右上の建物は請戸小学校。
震災の日、児童たちが走って逃げたのがこの大平山だったようです。

c0009934_22005862.jpg
▲海側には碑文が。

慰霊碑碑文

平成二十三年(西暦二〇一一)三月十一日
午後二時四十六分、福島・宮城・岩手を中心
に最大震度七の地震が発生した。この地震に
より家屋は倒壊し、道路は寸断された。その
約四十分後に浪江町沿岸に津波の第一波が到
達した。第二波が襲来した後、さらに高さ十
五mを超す大津波が町を襲った。住民にはこ
れまで大津波被災の記憶はなく、避難が遅れ
大津波に驚愕し、請戸・中浜・両竹・南棚塩
の集落は全てのみ込まれた。
 
 翌十二日には東京電力福島第一原子力発電
所の事故により、国から避難指示が発令され
たため、住民は避難を余儀なくされ、捜索や
救助を断念せざるをえなかった。この地震と
津波により住民百八十二名の尊い命が失わ
れた。私達は、災害は再び必ずやってくるこ
とを忘れてはならない。
 
 ここは太古の昔から人が住み、青い海と白
い砂浜の眺望できる所である。この地に、犠
牲者の御霊を慰めるとともに、先人が愛した
豊穣の大地と海を慈しみ、浪江町の復興を願
い、この碑を建立する。

平成二十九年三月十一日 建立者 浪江町

c0009934_22010350.jpg
▲墓地の側には亡くなった182名の名前が刻まれています。



お昼は浪江町仮設商業施設「まち・なみ・まるしぇ」で。
http://sosobureau.yumesoso.jp/archives/14785
この日は「カフェコスモス」のみの営業で浪江焼きそばはお休みで残念。
キノコパスタセットを注文したけれど、
お腹が空いてたからか、お喋りに夢中だったからか画像無しです。


c0009934_22594956.jpg
▲昼食後、給餌再開。 Iさんのポイント。フードは床下に。


c0009934_22010939.jpg
▲Hさんのポイント
この時、散歩中の住民の方が通りかかられて…

c0009934_00254260.jpg
▲ぽこさん、早速声をかけてお話を伺いました。
震災時、この方(Sさん)は犬さんを同行避難されたそうです。

現在は災害復興住宅を借りておられるようですが、
そこは犬の飼育が認められておらず
避難指示解除後は自宅に連れ帰ってきたそうです。
その犬さんも数ヶ月前に亡くなったそうですが。

いつも給餌に同行していてぽこさんに感心します。
単に給餌だけでなく、地元に深い関心を寄せ
(なので常日頃からローカルニュースにも敏感。)
出会った人たちにもすぐに積極的に話しかけ
コミュニケーションを取られるのです^^


c0009934_22092433.jpg
▲震災前、浪江町で学習塾をされていたご夫婦が出版された本。
ペットと同行避難した浪江町の方が、絵本を出版!

この本をこの時のSさんにぽこさんが差し上げました。
Sさんもこの学習塾のことをよくご存知のようでした。

そして、私も今回、一冊戴きました^^
あの震災時の緊迫感、郡山の私達のそれとでは
比較にならないほどの大変なものであったでしょうが、
読んでいて、思わずあの時の状況が蘇り、胸がざわつきました。


c0009934_08322179.jpg
▲Hさんのポイント
現在、個人で多くの保護猫さんを抱えておられる
みやさん宅にいる猫の「ひゅうま」は、
ここでHさんの一時帰宅の折に保護されたようです。


c0009934_22012889.jpg
▲大堀小学校のポイント
カメラマン太田康介さん(うちのとらまる)の給餌器です。
フードは全然減っていませんでした。
なので監視カメラを掛けているところです。
ぽこさん、身軽にブロックの上に乗り作業してます。
ほんとにこの足元を気にしない身軽さ&器用さにも感心してしまう…

c0009934_22013338.jpg
▲町営住宅に設置されてる太田式給餌器。
野生動物が給餌器に入り込まぬよう
入口の大きさをギリギリまで小さくされて
苦心されてるのがよく伝わります。

c0009934_22013851.jpg
▲これで、この日の給餌を全て終えました。


帰りは国道6号線(帰還困難区域は4輪は通行可、2輪と歩行者は不可)を通って富岡をまわりました。
c0009934_22014215.jpg
c0009934_22014753.jpg
▲JR富岡駅
昨年春の被災地ツアー時には解体されて更地でしたが、
元の場所から僅かに北寄りに新しい駅舎が出来てました。
今年10月に富岡ー竜田駅間が6年7ヶ月ぶりに運転再開され、
これで常磐線の不通区間は富岡ー浪江駅間の20.8キロのみとなったようです。


c0009934_22015599.jpg
c0009934_22015945.jpg
c0009934_22020398.jpg
▲富岡駅近くで、こんなに気合いの入ったXmasイルミネーションのお宅が☆

ご主人は富岡で仕事されてるのでここで独り住まい。
家族はいわきにお住まいで、週末だけ帰って来るのだそうです。
私達も歓迎されましたが(熱い珈琲もご馳走になって^^)
せっかくの力作、多くの方に見て貰いたい筈です。
29日までとか。うわ、もう29日になってしまった…

現在の富岡町の帰還率は2.3%、浪江町は2.0%…

さすがの浜通り。郡山と違って温暖で風も冷たくなくて
こんなに良いところから避難をせざるを得なかった浜通りの人たちの悔しさ…
そのことにずっと思いを巡らせながらの一日でした。


今年も残り僅かとなりました。
稚拙で更新頻度のめちゃくちゃ低いこのブログ。
来て下さった方に感謝です。有難うございました!
どうぞよいお年をお迎え下さい^_^



# by peau0320 | 2017-12-29 00:11
2017年 12月 28日

浪江町給餌同行 【その1】


先日12月23日、かつらお動物見守り隊のぽこさんに誘われて
原発被災地の給餌に同行しました。
今回はいつもの葛尾村ではなくて浪江町でした。

浪江町は昨年春、ぽこさんの被災地ツアーに参加して以来です。
その時はぽこさんが許可証を取って下さったので町に入れました。
今回は、今春の避難指示解除(帰還困難区域を除いて)があったので
許可証の必要はもうありませんでした。


c0009934_19361696.jpg
▲Hさんのポイント

c0009934_19420732.jpg
▲今回はぽこさんの車が故障し、
買い替えの車がまだ届かなかった為、私の車での給餌でした。(運転はぽこさん。)

c0009934_19421570.jpg
▲防護服を着ているのは、枯れ草が衣服にくっつくのを避ける為です。
これ、取り除くのがとても厄介で、チクチクもして意外と痛いのです^^;

c0009934_19422398.jpg
▲フードは減っていたものの、
監視カメラの角度が悪くてよく写っていなかった為、
カメラの角度を調整して再度掛け直しているところです。

c0009934_19423011.jpg
▲Tさんのポイント

c0009934_19423558.jpg
▲Eさんのポイント


c0009934_19432990.jpg
▲この日は葛尾村の給餌も予定に入っていました。
でも、前日、連携のボラさんが葛尾村の給餌に入って下さったので
この日は浪江町だけの給餌となり、時間的に余裕が出来、請戸海岸に来てみました。

c0009934_19440222.jpg
▲これは昨年春の被災地ツアー時の画像。ほぼ同じ場所です。
流された家々の基礎部分がまだ残っていました。

c0009934_19460293.jpg
▲請戸の漁港。まだ操業出来ていません。

c0009934_19461949.jpg
c0009934_19464457.jpg
c0009934_19465757.jpg
▲被災前 平成23年2月

c0009934_19471342.jpg
▲被災直後 平成23年3月

c0009934_19474283.jpg
▲請戸小学校
海岸から約300m、福島第一原発から6キロの場所。
あの地震の際、80人の児童は先生の指示で
高台の大平山に向かって走って逃げて、全員無事だったそうです。
現在、雨と潮風で劣化が進み、立ち入り禁止となっています。

c0009934_19475677.jpg
▲教室のベランダからきっと当たり前のように見えていたであろう福島第一原発。


c0009934_19480616.jpg
▲浪江町と双葉町の境界
ゲートの向こうは今も帰還困難区域の双葉町。

c0009934_19481280.jpg
▲ゲートのお兄さんに何の工事かと尋ねたけれど、ご存知無く。
そんなものかなぁ… (いわきの方とのことでしたが。)
「県・浪江町・双葉町で連携して復興祈念公園を計画している。」とぽこさんがご存知でした。


c0009934_19481678.jpg
▲これは海の家だったのか、ホテルだったのか…

c0009934_19482477.jpg
▲ガードレールで仕切られた向こうは帰還困難区域の双葉町。


c0009934_19484264.jpg
▲浪江町の除染廃棄物仮置き場は殆どこのように白い壁で囲われてました。



長くなりそうなので【その2】に続きます。


# by peau0320 | 2017-12-28 23:41
2017年 12月 19日

2017年12月 久々のアメリカ


いまだに主人に懐かない猫「しぃ」がいるので、
しぃのお口の状態は1ヶ月〜2ヶ月の周期で悪くなるので、
泊まりがけの外出はなかなか決心がつかなかったし、
決心がついてもその計画を前もっては立てられませんでした。

で、しぃの調子が良いタイミングを見計らってやっと決めたのが出発3週間前。
行き先はアメリカの娘家族のもと。約2年半ぶり。5泊7日。
そして駆け足で戻りました。

c0009934_13534581.jpg
▲12月6日、夕方5時過ぎの全日空でシカゴへ。

娘家族の住まいがあるミルウォーキーは
シカゴオヘア空港から娘の車で1.5時間の距離。

上の孫とはこの夏の来日以来。
僅か5ヶ月の間に随分とお兄ちゃんになっていました^^
下の孫とは昨年の生後10ヶ月での来日以来。
まだ歩けなかった赤ん坊が元気の良い幼児になってて
愛くるしいことこの上無しでした^^
子供の成長の早さにはしみじみ驚くばかりで
思いきって出かけて、ほんとに良かったです^^


▼さて、娘の家の猫はというと…
c0009934_13541659.jpg
▲「たじころ」と呼んでいた3匹の(タロ、ジロ、コロ)のうち
上のタロとジロが順に亡くなり、今ではコロ1匹になってます。
そのコロちゃん、以前は日がな外ばかり見てて全然懐いて来ない、
触らせてくれない猫さんだったのに
現在ではスリゴロ猫さんに大変貌!!^^
葛尾村の「とらじ」と同じタイプのようです^^

c0009934_13542413.jpg
c0009934_13544011.jpg
c0009934_13543541.jpg
▲体重は多分10キロはありそう…
タロもジロも大きかったし(特にジロは巨大猫!)
アメリカの猫って皆こうなのかしら??
この2年間、ずっとダイエットを続けていると娘は言うけれど、
その効果は見えず、歩き方もヨタヨタ。
葛尾村の犬のポチと肥満ぶりがソックリでした^^;


▼ミルウォーキー滞在中、1泊2日だけこれも大急ぎで娘とNYへ。
c0009934_13560374.jpg
▲ホテルの窓から。イエローキャブが沢山。

c0009934_13561121.jpg
▲ブライアント公園のスケートリンク

子供たちが小さい頃、親子でそれぞれスケートを習ったことがあります。
それを思い出したら、無性に滑りたくなりましたが^^


▼この後、私はメトロポリタン美術館に、娘は買い物にと別行動。
c0009934_13575840.jpg
c0009934_13580576.jpg
c0009934_13580956.jpg
▼ある程度当たりを付けて、
とんでもなく大きな美術館の中を移動していたら
いきなりフェルメールの3点が目の前に現れました。
オランダのデンハーグにあるマウリッツハイス美術館でもそうでした。
誰もいない少し暗い部屋の中にひっそりと並んでいました。
すごい贅沢な時間で心の中はドキドキ… でも部屋の中は静寂そのものでした。

限られた時間だったので
この後は主に19世紀から20世紀初頭のヨーロッパ絵画だけを観ました。
とにかく作品の充実度には驚くばかりで…

c0009934_13581874.jpg
▲ドガだけでも一部屋で終わらなくて、こんな作品もあるのです。


c0009934_13582436.jpg
c0009934_13583275.jpg
▲ゴッホの激しい絵筆の痕は観ていて胸が苦しくなるほど。
ゴッホの半生を本で読んだり映画で見たりしてきてるからでしょう。



c0009934_15345028.jpg
c0009934_15350045.jpg
▲境遇は一切知らないし、そのようなことを抜きにして、
以前から好きなのはピサロやシスレーです^^
多分、写真を撮ったりする際、構図を無意識のうちに
こういう画家の作品を参考にしていたかもとよく思います。

因みに娘が好きなのはラウル・デュフィだと今回初めて知りました。
かなり、ナットク^^


c0009934_13584070.jpg
▲メトロポリタン美術館正面入口
美術館からの帰りは娘がタクシーで迎えに来てくれました。
往きもUberでちゃっちゃと車を手配してくれたし、
今回のNYまでの航空チケット、ホテル、タクシー等々、
すべて娘が出してくれました。
う〜〜ん、昔と逆転したなぁ、とここでもしみじみ。
自分の年齢を考えたこの日だったけれど、遠慮なく娘に甘えました^^


▼夕食は平日にも関わらずどこのレストランも満席。
世界最大の都市NY。観光客の数もはんぱないのでしょう。
でも偶々見つけたホテル近くのブラッスリーにやっと席がありました^^
c0009934_13584710.jpg
c0009934_13585201.jpg
c0009934_13585649.jpg
▲デザートは手前のウッフ・ア・ラ・ネージュとタルトタタン
「ウッフ…」は1991年、オルセー美術館のレストランで初めて出会ったデザート。
久々で感激でした^^

食事はどれもすべて美味しくて、アメリカはまずい…は、しっかり払拭されました^^
でもお高いです^^;


c0009934_14005786.jpg
c0009934_14010237.jpg
▲ロックフェラーセンターのスケートリンク

c0009934_14010733.jpg
▲デパートの壁面いっぱいのクリスマスイルミ


c0009934_14011370.jpg
▲ここがかの有名なカーネギーホール


c0009934_14011878.jpg
▲五番街のティファニーとその隣がトランプタワー
向かい側の歩道から沢山の観光客がしきりにスマホを向けてて…
なんだかなと思ったけれど、私にしたところで充分にお上りさんでした^^;


c0009934_14012370.jpg
デパートのショーウインドーにディスプレイされたディズニーの世界。
そこに映り込む超高層ビル。

以前だったら、超高層ビルの建ち並ぶNYを超広角で嬉々として撮ったのだろうけど、
今では寒さが勝ってカメラをケースから出すのも億劫。
手軽にスマホで目に映るものをただ撮って済ませたという体たらくでした^^;



ミルウォーキーに戻ってからは再び孫たちやコロの写真を撮ったり、
娘にカードケースの作り方を教えたり。
楽しい時間は瞬く間に過ぎました。


▼で、12月11日の早朝にはシカゴのオヘア空港に。
c0009934_14013776.jpg
c0009934_14014106.jpg
▲電飾の美しい動く通路を通り…

c0009934_14014563.jpg
▲モノトーンが美しいエスカレーターを上り
2年半ぶりにいつものCコンコースへ向かい帰国便に乗りました。
(前回はきぃが亡くなった後の2015年6月でした。)


しぃのことが気になって、なかなか出かける決心がつかなかったけれど
思いきって出かけ、孫たちの成長を間近に見れて、一緒の時間を過ごせて幸せでした。
快く留守番を引き受けてくれて出してくれた主人に感謝です^^



で、ほぼ1週間ぶりに私の顔を見た途端、しぃは… 逃げました!^^;
まるで知らない人が来た時のようにです。
約2時間、遠巻きに様子を窺っていたのが少しずつ距離を縮め、ストンと膝に。
いつものしぃに戻りました^^






# by peau0320 | 2017-12-19 17:01
2017年 11月 30日

葛尾村給餌同行 #8

11月25日、かつらお動物見守り隊のぽこさんの給餌活動に同行しました。
ここのところ、月1回ペースでお手伝い出来てます^^
前回は少々早く、今回は遅くで、紅葉のピークを見事に外したのがとても残念^^; 
しかも途中僅かに陽射しがあったけど、雪も散らつき寒い一日でした。


まずは風越のポイントから給餌スタート。そしてM木材店に。
c0009934_22342181.jpg
▲前回は呼んでも現れなかったM木材店のマリちゃん。
車庫に行ってみると寝床の中にいました。耳が遠くなったのかもねとぽこさん。
喜びながら寝床からヨタヨタと出て来たマリちゃんに少々老いを感じました。
マリちゃんの首にはピンクのバンダナが♪

c0009934_22344170.jpg
▲もっとおやつが欲しくて道路まで追いかけて来たマリちゃん。
おやつを前にして真剣な目で姿勢を正すマリちゃん^^
前の道路は補修工事中で人も車両も沢山。
予算を使い切らないといけないからなのか。
無理に工事してるという感がなきにしもあらず… 
私たちの車は100mくらい手前に停めざるを得ませんでした。



▼更地になってしまった夏湯のポイント
c0009934_22421844.jpg
▲給餌ボックスの中のフードが水に濡れて一部グズグズに^^; 
中味を全部出してボックスの掃除。

ぽこさんの車には常時古新聞や古布など積まれていて何事にも対処出来ます。
例えば、ぽこさんが運転中に見つけた路上の動物の遺体を道路脇に移す際にも。
自分も含めて誰もが出来ることではないです。

c0009934_22420382.jpg
▲スタンド式の給餌台にボックスを取り付け、給餌台の足元のぐらつきを大きな石で補強。



▼ 猫パラ(ダイス)1
c0009934_22425486.jpg
▲車の音を聞きつけたからかしきりに鳴く声が…
以前から話には聞いていたアメショー柄の子がいました! キジトラの子も!
青いシートの中を寝床にしてるのかもとぽこさん。
二ヶ所にウエットを置いたら、一ヶ所は瞬く間に完食! お腹が空いてたんだね…
次回は温かいウエットを用意しなくちゃ…
c0009934_11035481.jpg
▲小屋の中は…
以前逃げないキツネがいて驚いたけれど、あれ以来見ていません。
二階にはドライのフードを。下にはウエットを二ヶ所。



▼岩角のM・Kさん宅のポイント
c0009934_22431486.jpg
c0009934_22432909.jpg
▲ダミーの捕獲器。今回は捕獲器を覆っている銀紙は無事でした^^


▼家老川のY田さん宅
c0009934_22465318.jpg
▲ご夫婦で来ておられて、とらじも弾んでました^^
この時だけ陽が射して、好天を期待したのだけれど…
c0009934_22472003.jpg


▼N條さんのお宅 
c0009934_22473032.jpg
▼ご夫婦共にお留守でポチ(手前)とモモ(奥)に大歓迎されてます^^
ポチの肥満ぶり、手足が細いから余計に目立つ… というレベルでもなくて、ヤバいです^^; 


▼広谷地のK田さんのポイント
c0009934_22474128.jpg
c0009934_22474733.jpg
▲それほど警戒心が強くないキジトラくんと警戒心ありありのシャム系2匹がいました^^  ミミちゃんはちゃんとここに来れてるのかな…


この後、Fさんのポイントをまわって、2時前に久々の「カフェ嵐が丘」に^^
c0009934_22480429.jpg
▲メインはペンネのミネストローネスープ風? 器も楽しめて美味しくて、しかもお昼最後の客ということで何かとサービス有り^^
でも私たちの後にお茶のお客さんが10名も!^^  石井食堂が戻って来たけれど、嵐が丘もそれなりに繁盛されてるようで密かに安心しました。この冬は通常営業をするそうですよ^^

c0009934_22480981.jpg
▲食後のデザートも注文をした干し柿の赤ワインキルシュ漬け(↑)とレアチーズの他にクレームブリュレのサービスもあり^^

c0009934_22481559.jpg
▲この干し柿は次のシーズンの赤ワインキルシュ漬け用とのこと^^ 後ろがカフェ嵐が丘。



▼昼食後、元ウルトラ警備隊の詰所をまわり、せせらぎ荘でお風呂に浸かり、最後はいつものようにコータローの元に^^
c0009934_22483422.jpg
▲寒かったから小屋の中にいたけれど、すぐに出てきました^^
私は犬は少々苦手だったけれど、マリちゃんもコータローも愛しいです^^

c0009934_22484085.jpg
▲いつものようにぽこさんはお世話下さってる近所のMさんにと支援のフードを置きました。私は古い毛布とタオルケットを。次回もっとお持ちしたいです。

Mさん、現在23匹の猫さんを保護されてて(犬さんも確か5〜6頭?)、猫さんは今病気との戦いが始まってるとのこと。他にもTNRした子たちの面倒も見ておられるようで、私より高齢のMさん、ガンバっておられます^^


今回はM.Sさん宅のかつおくんにもN條さん宅の2匹の猫さんにも会えなかったけれど、猫パラ1で2匹、K田さんところで3匹の猫さんに会えて、正直励みになりました^^
次回も都合をしっかりつけて同行させて貰います^^






# by peau0320 | 2017-11-30 16:54
2017年 10月 26日

葛尾村給餌同行 #7


10月20日、かつらお動物見守り隊のぽこさんの給餌活動に同行しました^^
これまでは幸いにもお天気にはほぼ恵まれて来たけれど、この日は一日雨降り^^;


c0009934_14164861.jpg
▲いつものようにまず風越のポイントから給餌スタート。 
庭先のマユミ(真弓)の実に目を留めカメラを向けるぽこさん。
彼女はいつも植物(お花)に敏感です^^

c0009934_20180653.jpg
(ぽこさん撮影)

c0009934_16575756.jpg



c0009934_23380033.jpg
▲途中こんなポスターがありました^^ 
かつらお感謝祭が7年ぶりに開催されるそうです。→詳しくはこちら
新そば、おおなべにそそられます^^


c0009934_16542640.jpg
▲雨の中、この日はここだけでなく村のあちこちで工事関係の車両や人の動きを見ました。
このフレコンバッグは何処から運ばれて来たものなのか。まだまだフレコンバッグの山は増えそうです…

***ちなみに郡山市内の我が家の除染廃棄物は、
庭奥の物置の下に埋設されてます。
いつ搬出されるのか、その費用はちゃんと予算に組まれてるのか…
市内で一番線量の高い地区にある娘の家のそれは、
今年の夏に掘り出されて何処かに運び出されたそう。***



M木材店のマリちゃんは、雨だのにお留守で残念。
木材店の従業員さんの姿もありませんでした。

c0009934_16543075.jpg
▲次に、もう給餌はしていないけれどS牧場にも寄りました。
まだセンサーカメラは設置されています。



c0009934_15195434.jpg
▲紅葉には少し早かったけど、里の秋はどんどん深まってます。
綺麗に耕された農地も美しいです。

c0009934_16543900.jpg
▲渓流添いの雑木ももう少し紅葉すると更に美しいはず^^


c0009934_16545487.jpg
c0009934_16545838.jpg
▲夏湯のポイント。
給餌ボックスの雨よけカラス除けの補修。
この黄色いキラキラの付いた糸はカラス除けの効果が大だそうです。


c0009934_16550107.jpg
▲家老川のY・Mさん宅
この日はY・Mさんはいらしてなくて、とらじだけ。
呼んだらすぐに小屋の寝床から出てきました^^

c0009934_16551820.jpg
▲食べ物よりは人恋しかった様子だけれど、ちゅ〜るは別^^
美味しいちゅ〜るを食べてるのに、どうしてイカ耳なの?^^


c0009934_17022367.jpg
▲広谷地のM・Kさん宅 
ダミーの捕獲器を包んでる銀紙の補修。
このダミーで馴らした後に捕獲をと考えているのは、いつかここで見た白黒猫さんのよう。

c0009934_17023039.jpg
▲スタンド式給餌台の周りのゴミを拾い集めるぽこさん。


c0009934_17023562.jpg
▲M・Sさん宅の猫さんになったかつお君
こちらは現在は常葉町にお住まいですが、葛尾で仕事をされてる奥さんがお昼休みで戻っておられました。
夜は二本松勤務のご主人がここで泊まっておられるそう。なら、かつお君、寂しくないね^^  
今も下部尿路結石の治療食は続けているとのことです。


c0009934_17024400.jpg
▲高齢のNさん宅。昨年の避難指示解除直後から村に戻っておられます。
避難から5年間留守を守ったトラちゃんを今年6月に見送り、
息子さんが南相馬から連れてきた2匹の猫さんと2頭の肥満犬さんと暮らしてます。
約一ヶ月ぶりに会ったミイちゃん。少し大きくなってました^^

c0009934_17025679.jpg
▲手前が子猫のミイちゃん、後ろがトラ(二代目)ちゃん。

c0009934_17244447.jpg
▲成猫のトラちゃんは先日避妊手術を受けたそうです。
連携のボラさんが白河のNPO法人が非営利で運営している
野良猫病院プチヴィー」に連れて行ってくれたようです。

ぽこさん、Nさんに支援の犬さん用のダイエットフードと猫フードをお渡ししてました。


c0009934_17031002.jpg
▲K田さんの資材置き場。
奥に給餌用のRVボックスを置かせて貰っています。
K田さんは毎日自宅に通って来られるそうで、現在4匹の猫さんが来てるようです。
近くのSさん宅でご飯を貰ってたミミちゃんも、今はこのK田さん宅に来てるとか。
(ミミちゃんがSさん宅に来なくなったのは、黒っぽい猫が現れるようになったからとSさん。黒っぽい猫… ぽこさんにも心当たりはないそうで気になります。)
 
ぽこさん、K田さんに支援のフードをお渡ししていました。


c0009934_20472240.jpg
▲Fさんの納屋


c0009934_17032077.jpg
▲さて、この日のお昼は…
今回は1時半に石井食堂に着いたら、ちょうどテーブルがひとつ空いていました^^
ぽこさんが注文したチャーハン。3人前はあります! 
玉ねぎも長ネギも使われてて、さすがここの看板メニューだけあって、とても美味しいです☆ この味付け、教えて欲しいと思ったくらい^^

c0009934_17031649.jpg
▲私はソース焼きそば。これも2人前以上あります!
チャーハンも焼きゾバも勿論食べきれず、残りはぽこさんと半分ずつお持ち帰りしました^^


c0009934_17484135.jpg
(ぽこさん撮影)

▲元ウルトラ警備隊詰所のポイント
ぽこさん、設置してあるセンサーカメラの電池とメモリーカードの交換もしていました。

c0009934_17032256.jpg
宿泊交流館「みどりの里 せせらぎ荘」に寄りお風呂に入りました♪
雨で上着がかなり濡れたので、冷えた身体にとてもとても心地の良いお湯でした!^^
現在は村民以外も宿泊出来るようです。


c0009934_17200739.jpg
▲最後はいつものようにコータローのところに。
なんと近所の鶏さんが来てました^^

c0009934_17032630.jpg
▲で、この鶏さん、態度がデカくてコータローは遠慮してます^^;

c0009934_17033012.jpg
▲ワンコのおやつもしっかり催促してきてたっぷりと食べ、
猫のフードまで食べて、大満足で悠々と帰って行きました(笑)

ぽこさん、いつものようにコータローのお世話を下さってる近所のMさんに支援のフードを置きました。

コータローは触れないワンコですが、
私も慣れて来たし、コータロー自身が穏やかになってることもあり、
手からおやつをあげられるようになりました☆
こうなると愛おしさが増します^^

この後、帰りがけに少々お世話に問題有りのおじいさんにも
支援の猫フードをお渡しして、この日の活動を終えました^^

雨の一日で給餌ポイントでは猫さんの姿を見ることも
気配を感じることもありませんでした。
犬のマリちゃんにも会えなかったし。次回に期待です^^





# by peau0320 | 2017-10-26 20:43
2017年 10月 22日

猫たち #13


うかうかしてると一ヶ月はあっという間…^^;
9月〜10月の猫たちの近況と諸々です。

c0009934_16182667.jpg
c0009934_16185351.jpg
▲しぃがエイズキャリアであることや空調のこともあり、「ちゃー」と「お母さん」がフリーなのは今も二階の一室のみ。
運動能力が高い「お母さん」にとってはストレスをかけてる可能性大なのだけれど…
外に出たいコールは随分少なくなりました。

c0009934_16193520.jpg
▲珍しく2匹が揃ってキャットタワーの上♪

c0009934_16194681.jpg
▲主人が設置したセンサーカメラに珍しい様子が映し出されてビックリ!
一つのベッドに2匹が一緒に入ってるなんて!!
お互い背中を向け合ってるところが、この2匹らしいけれど(笑)

c0009934_16201628.jpg
▲10月11日、約1年ぶりのワクチン接種に。
昨年受けた検便では2匹ともマンソンがいたので
(我が家の裏は田んぼ。散々🐸を口にしていた筈だからナットク。)
今回の検便で落ちてることも確認して貰いました^^


さて、ジュニア君ちのぐぅちゃんですが…

c0009934_16204771.jpg
10月2日の朝、亡くなりました。
ぐぅちゃんは家を建て替える際に置き去りにされて野良ちゃんになってしまった子です。
そのお宅は新しい住まいにぐぅちゃんを改めて迎えることはなく、
見かねたジュニア君の飼い主Mさんがぐぅちゃんの里親さんになって可愛がって下さったのです。

ただ、Mさんちには口内炎やカリシが治らないぺぇすけ君がいて、
外出自由のぐぅちゃんの体調が落ちていることに気づくのが遅れてしまいました。
最期は多臓器不全であっという間のことだったようです。

c0009934_16441906.jpg
▲これは昨年6月のぐぅちゃん。
しぃを我が家に入れてからも、しぃに会いに我が家の庭によく来てました。
Mさんは優しくて、ぐぅちゃんは食べ物の贅沢も散々^^
ぺぇすけ君に対しては焼きもちを焼いてるようだったらしいけれど、
Mさんに出会えて、そして最期もMさんのそばで逝けて、
…ちょっと早かったけれど、幸せに猫生を終えることが出来たと思えます。

私はぐぅちゃんにはなかなか近づかせて貰えなくて、
亡くなってから漸く初めて触ることも顔を近づけることも出来ました(涙)


c0009934_16205339.jpg
▲ぐぅちゃんが亡くなった日のぺぇすけ君。
ステロイドの効果が一ヶ月持たないのですが、この日は調子よくてお庭に出てとても元気。
甘えん坊で、誰にでもすぐにスリスリしてきます。
しぃと同じ口内炎で苦労してるので、この子の元気な姿を見るとホッとします^^

c0009934_16205942.jpg
▲杏胡ちゃん。相変わらずお転婆で一時もじっとしていません!^^ 
杏胡ちゃんの兄弟姉妹も元気にしているかしら?^^

c0009934_16212514.jpg
▲前回8月22日に受けたステロイドの注射。
一ヶ月経たないうちに調子を落とし涎も酷く食欲を失くして9月24日に通院。
ステロイドを続けるのは不安で医者に相談。非ステロイド系のメタカムのことも尋ねてみたけれど、普段のシリンジなどでの投与が必要とのこと。でも、これはしぃにはまったく無理。

念の為に受けた血液検査では、数値的には今のところひとつも悪いところは無しで、結局この日もステロイドとコンベニアの注射となりました。


c0009934_16213028.jpg
▲で、調子の良いうちにと新型乳酸菌をウエットに混ぜることを続けて… 
またまた9月24日のステロイドから一ヶ月になろうとしてます。(一ヶ月のなんとはやいことよ^^;)今、少し落ちてるところで調子の波があります。

ほんとに猫の口内炎はやっかい。健康なお口の子は幸せだなと心から思います。



*****************************************************************************

c0009934_16221627.jpg
▲自転車ライフ始めました^^
中学3年の頃の自転車通学以来、なんと50年余りぶり^^;
電動付きだけれど、運動になるようなるべくパワーを低くして漕いでます。
面白いように何処までも行けます。坂道の傾斜具合もよくわかるし、
とにかく外気に触れるのが楽しいです^^
せっかちな私としては歩くより早く目的地に着けることも嬉しかったりして^^

c0009934_16215153.jpg
▲チャリティーグッズとして提供してる手作りカードケース。
売れ行きが良いということで、張り切って作り続けています^^


c0009934_00093357.jpg
c0009934_16214527.jpg
▲近所にある日本調理専門学校のレストランでの食事。
和洋中あるのですが、この日は和食。すべてが美しい盛りつけで美味しかったです^^
調理も給仕もサービスもすべて生徒さん。勿論先生がしっかりサポートされてます。
つまりこのレストランは生徒さんの実習の場です。



衆議院選挙の開票速報の数字。
予想はついていたものの現実を突きつけられて心底ガックリ!
せめてトップの顔が変わってくれるような結果をと願っていたのだけれど。






# by peau0320 | 2017-10-22 23:52
2017年 09月 25日

葛尾村給餌同行 #6 (その2)(追記有り)


追記
ぽこさんが、かつらお動物見守り隊のブログでもこの日の様子の記事をアップして下さっています。
さすがに私の記事より遥かに遥かに詳しくてわかりやすいです。是非お読み下さい^^

2017年9月22日(金)葛尾村活動報告 【その1】
2017年9月22日(金)葛尾村活動報告 【その2】
2017年9月22日(金)葛尾村活動報告 【その3】

**************************************************************


(その1)はこちらです。

次に昨年6月の葛尾村の避難解除と同時に村に戻られたNさん宅に伺いました。
避難をされていた5年余り、ずっと留守宅を守ったトラちゃんは、手厚く看取って貰って5月23日にとうとう亡くなりました。
で、私としては5月9日以来の訪問だったのですが…
c0009934_16334897.jpg
▲うわ、なんと、可愛い子猫さんがいます!☆

c0009934_16335888.jpg
▲名前はミイちゃん^^

c0009934_16340284.jpg
▲そして、もう一匹キジトラさんも! 名前はトラちゃん^^ 

c0009934_16584741.jpg
▲この2匹、親子かどうかははっきりしないそうですが、息子さんが南相馬から連れてきてくれたそうです。
トラちゃんを亡くしたNさんたちにとっては、この2匹はどんなに慰めになっていることかと想像出来ます。
そしてNさんご夫婦の慈愛に満ちた穏やかな表情にものすごく気持ちが和みました^^
5月に伺った折はご主人の口数がとても少なくて元気がなかったのでした。

c0009934_16341036.jpg
▲ぽこさんが外の二頭の犬さん(ポチとモモ)にフロントライン(ノミ、マダニ駆除薬)を滴下してるのを一生懸命見ています^^

c0009934_18044312.jpg
▲一時はダイエットの成果が見て取れたのに、今回のポチ(手前)は元に戻ってしまったのかテーブルのように広く四角い背中^^;(画像ではわかりませんが)
ぽこさんが支援のダイエットフードをお渡ししてました。

c0009934_16354800.jpg
▲広谷地のK田さんのポイント。目の前をシャム系の猫さんが走って横切りました!
仕事をされてた方から、今3匹がここに現れてると聞きました。

c0009934_16355444.jpg
▲お、2匹目のキジトラさん♪
背中やお腹はアビシニアンのようで美しくて縞柄ではありません。割と人馴れしてるようでかなり近寄れます^^
3匹目の猫さんには会えなかったけれど、こうして猫さん達に会えて、フードを食べてくれるのを見れたのは嬉しいことでした^^

c0009934_16360090.jpg
▲資材置き場に置かせて貰ってる給餌用RVボックスの陰のウエットにさっきのシャム系の子が^^

c0009934_16360719.jpg
▲警戒心が強そうな子だのに、カメラを向けてるぽこさんがいるのに、必死で食べています。かなりお腹が空いていたのか、それともウエットが美味しいのか。

以前、ぽこさんが自宅で預かっていたシュガーちゃんは、ここで保護されたそうです。
このシャム系の子と血が繋がってるのだと思います。
私もぽこさんのお留守の際にお世話をしたのでシュガーちゃんのことは気になってるのです^^
留守番猫さんと^^

シュガーちゃん、先日、出戻って来たのですが、有難いことにすぐにシュガーちゃんの子供の里親さんからお話があり、現在トライアル中です^^


c0009934_16362829.jpg
▲さてさて、昼食です。7月末に三春の仮設から葛尾村に戻って来た石井食堂。お昼は作業員さんたちで大繁盛になるのだそうです。 お隣は多分同じく7月にオープンしたコンビニ(スーパー? イートインコーナーもあるそう)。

c0009934_16361486.jpg
▲2時を過ぎていたのでぽこさん希望の冷やし中華は売り切れ。で、ハムカツ定食を注文。やっぱり聞きしに勝るすごいボリューム! 
ぽこさんもご飯を残してましたが、食後暫く「苦しい〜!」を連発してました^^

c0009934_16362085.jpg
▲私はカツ丼を注文。とにかくご飯の量が半端なくてビックリ! 
ここのところ体重が増える一方なので(^^;)カツとご飯をちょこっといただきました。美味しかったです^^



c0009934_16363432.jpg
▲元ウルトラ警備隊の詰所のポイント。
風越のポイントで外したカメラを事務所の人に了解を得てからこちらに付け替え。
ここにもダミーの捕獲器が設置されてたので、中にもフードを入れました、

c0009934_16364095.jpg
▲最後はいつものように都路のコータローのところに。
今回持って行った牛すじのおやつはマリちゃんにもコータローにも好評でした^^ 
次回も美味しいのを持ってくるからね^^
後ろにはいつものようにぽこさんが、コータローの日々のお世話と散歩をして下さってるMさんに支援のフードを置きました。

c0009934_16364436.jpg
▲帰りがけ、猫さんのお世話に少々問題有りと聞いてるおじいさんのところに寄り、ぽこさん、支援のフードを渡していました。
そこの猫さんです。それほど警戒心強くなさそう^^


給餌ポイントが少しずつ減って、以前よりは時間に余裕有りの給餌活動です。
でもまだまだ帰還住民は少なくて、この活動の終りは見えません。
忙しい中を時間のやりくりをして給餌に当てて下さってるぽこさん、他の千葉などからのかつらお動物見守り隊の隊員さん達、そして連携してるボラさん。
ほんの少しで申し訳ないけど、お手伝いを続けて行きますね。






# by peau0320 | 2017-09-25 22:16
2017年 09月 25日

葛尾村給餌同行 #6 (その1)


かつらお動物見守り隊のぽこさんに誘っていただいて、9月22日、久々に給餌活動に同行しました^^

c0009934_21495415.jpg
▲まずはいつものように風越のポイントから。
今回のミッションはここの監視カメラを元ウルトラ警備隊の詰所に付け替えることだったようです。

c0009934_21500238.jpg
▲除染廃棄物の仮置き場の光景は変わりません。
あの黒のフレコンバックの耐用年数は3〜5年と聞いています。どうするのか…

c0009934_21501844.jpg
▲ん? 防水シートの上から草が生えてる!? 
シートの上に並んでいるのは石ではなくて土嚢ですね… その土嚢の袋を突き破って草が生えて来てるみたいです。

c0009934_21503113.jpg
▲国道399号線登館峠(浪江町境)の無人ゲート。
先日、浪江町津島地区(帰還困難区域)を横断する国道114号線が全線開通となったので、もしかしたらと期待して行ってみましたが、このゲートはまだ撤去されてませんでした。
ここが開けば浪江にも飯館にも行きやすくなるそう。


c0009934_21504408.jpg
▲M木材店のマリちゃん。いくらか痩せたみたい。でもしっかりおやつを食べて元気でした^^ 
この日は木材店の従業員さんが結構沢山いて活気あり^^ そして飼い主さんとも会えました。
マリちゃんの右前足の指と左前足の肘に当たる部分の皮膚が赤く露出していて、飼い主さん、医者に連れて行ってくれそうです。

c0009934_10215543.jpg
▲S牧場。監視カメラの電池を入れ替えてます。

c0009934_10173005.jpg
▲テーブルの上には連携のボラさんによるS牧場主さんへのメッセージが。

c0009934_21505879.jpg
▲監視カメラの画像をチェック中のぽこさん。
カメラの前の草が風で揺れるたびにカメラが反応したようで膨大なファイル数です^^; 僅かにアライグマが来てる様子と猫かどうか判断しかねる画像が1枚ありました。
でもいずれにせよ、フードがないとわかれば来なくなる筈です。

c0009934_21511015.jpg
▲夏湯のポイント。
まっさらの更地になってしまったのを改めて眺めて言葉が出ません。

c0009934_21512452.jpg
▲フードの補給と雨除けの補修。

c0009934_21514183.jpg
▲家老川のY田さんととらじ。かつらお動物見守り隊のブログTOPを飾っている子です。

とらじの相棒だったアカが6月8日の朝亡くなりました。具合が悪くなって僅か10日余りで逝ってしまったとのこと。胸に腫瘍が出来ていたそうです。
独りになったとらじは更に甘えん坊になったように見えます。

c0009934_11054278.jpg
▲今年2月8日のアカ(左)ととらじ(右)
丸々と太ってたアカでした。最期の頃も痩せなかったようで、苦しい時間も長く続かなくて良かったなと思います。

c0009934_23044975.jpg
▲岩角のM・Kさん宅のポイント。
たまたま帰っておられた奥さんとお会い出来ました。以前に見かけた白黒猫さんが今もやって来ているそう。

c0009934_23043688.jpg
▲綺麗な色のアケビを戴きました^^

c0009934_23044400.jpg
▲連携のボラさんが設置して下さったダミーの捕獲器。中にフードを入れましたが蓋は閉まらなくしてあります。捕獲器に慣れてもらう為の物です。仲間が捕獲器にかかっているのを見た猫さんたちは、捕獲器を警戒しているのです。

c0009934_23050120.jpg
▲M・Sさんちの猫さんになったかつお君
尿路結石で食事療法中の効果なのか、少し痩せてました^^

c0009934_23050920.jpg
▲かつお君を激写中のぽこさん。身体が柔らかそうで羨ましい〜^^

c0009934_23051619.jpg
▲かつお君、青いノミ取り用の首輪を付けてもらってました^^


長くなりそうなので、その2に続きます。





# by peau0320 | 2017-09-25 21:38
2017年 08月 31日

猫たち #12


あっという間に8月も今日でお終いです。
この夏の猫たちの画像、大急ぎでアップです。

c0009934_21562678.jpg
c0009934_21563472.jpg
▲ビビリのしぃさん、いつの間にか、チャイムが鳴ってもお客さんが家の中にいらしても、サンルームに逃げ込むなんてことはなくなりました^^ 

慣れであって、性格が変わったということではないけれど。主人がそばを通ると相変わらずササッと逃げます。私の外出中は主人からごはんを貰うのに。

台所でごはん待ちの時に間違って主人の足元にスリスリすることが結構あり。間違ったことに気づいた時のしぃの慌てぶりが笑えます^^


c0009934_21565705.jpg
c0009934_21570277.jpg
c0009934_21571553.jpg
▲暑い夏の猫の寝姿は無防備そのもの! 開きの確率大です^^


c0009934_16321607.jpg
c0009934_16322190.jpg
▲爆睡してても「ダーウィンが来た」が始まるとサッとTVの前に!



c0009934_21570678.jpg
c0009934_21573849.jpg
▲抜歯をしているからか(犬歯のみ残っている)、舌先が始終お口から出てアホンヅラ^^; 特に眠っている時は殆どそうです。これは舌先どころではなくて「あかんべぇ」に近いけど^^;

c0009934_21574334.jpg
▲猫は新聞の上が好き。畳の上に新聞を畳んで置いておくと、その上に窮屈そうにちんまりと収まって眠ることもしばしば。といっても現在6.84キロの巨体ですが^^;

c0009934_21575835.jpg
▲8月22日朝、涙と目やにで右目がグシャグシャに! いきなりです。(これは24日の画像。) 風邪の症状など一切ないので、アレルギー? ほこり? ゴミ? 原因わからずです。

前回のステロイドから66日目。涎も酷くなってきていて、マヌカハニー入りのチュールも受け付けなくてお手上げだったので、いつもの獣医さんで抗生剤入りの点眼薬の処方と共にステロイドとコンベニアの注射も。ほんとならもっとステロイドの間隔をあけたかったのだけれど…

c0009934_21580622.jpg
c0009934_21581047.jpg
▲同じく24日午後の画像。騙し騙し嫌がる点眼を続け、かなり回復^^

ここのところステロイドの注射の後、1週間を過ぎないと調子が戻りません。その後は約2ヶ月弱多少の波があるもののよく食べ、よく騒ぎ、ご機嫌で活発な時間が続く… というのがこの数ヶ月の状態です。でも… ステロイドの副作用のことを考えると、このままでいいとは思えず不安になります。



c0009934_21594509.jpg
▲ちゃーです。おトイレ、入りま〜す!^^
お尻を持ち上げておシッコをする子なので、このトイレはほんとに助かります!

c0009934_23005515.jpg
c0009934_23014408.jpg
▲いつも思うことだけど、後ろの電信柱、ほんとに邪魔!^^;

c0009934_23023746.jpg
c0009934_16320905.jpg


c0009934_23022956.jpg
▲かびごんさんお手製のジャラシ、今もなんとか健在です^^
お母さん(右)は以前よりじゃれ度が下がった感じ。その分、ちゃー(左)がよく食いつきます。現在お母さんは推定4歳以上、ちゃーはまだ2歳。年齢によるものかな?

c0009934_16315920.jpg
▲そういえば、カーテンレールの上も最近お母さんではなくちゃーばかりが上ってるよう。


c0009934_23031760.jpg
c0009934_23032980.jpg
c0009934_23033684.jpg
▲うーん、やっぱり、お母さんはちょっとお疲れモードかな。夜中(明け方)は相変わらず大暴れしてるようですが^^

いずれにしてもエイズキャリアでもなく、いまのところ病気の不安要素もなくて健康でいてくれて、こんなに有難いことはないです。

c0009934_21591676.jpg
c0009934_21592510.jpg
▲かれこれ約2年の長い放浪の末、漸く昨年秋からジュニア君ちに戻り落ち着いたぺぇすけ君。

これまでキャリーケースの中とか診察台の上とかでしか撮れなかったのだけれど、やっとお部屋の中のぺぇすけ君に対面♪ 

こじらせた風邪(カリシウィルス感染症)と口内炎で、酷い時は喉だけでなく舌も真っ赤になり鼻水も血が混じり、ステロイドの効果は一ヶ月持たないそうです。

でもこの日はとても元気^^ 昨年帰って来た時にはぎすぎすに痩せていたけれど、今では5キロを超えたそう^^ 
「会えて嬉しかったよ、ぺぇすけ君^^」


c0009934_16490249.jpg
▲先日27日、岸倫仔さん率いるLINN-ZORTAアコースティックユニットの「犬猫のためのちょこっとチャリティーライブ」を聴きにいわきに行きました。先日、いわき湯本の里親募集型保護猫ふれあいサロンOhanaに行って、いわきまで行くことのハードルがちょっと下がりましたし^^

もう何十年ぶりかで生演奏が聴けて、思っていたより遥かに遥かに心地の良い、あっという間の2時間でした☆ また行きたいくらい^^

途中で「見上げてごらん 夜の星を」と復興支援ソング「花は咲く」を皆で歌うコーナーもあり。私はこの「花は咲く」は聴くだけで歌うだけで泣けちゃって駄目です。

会場で先日LYSTAさんに提供をしたカードケースが、目の前で4個も売れて行くのを見れたのも嬉しかったです^^





# by peau0320 | 2017-08-31 17:52
2017年 08月 08日

Ohanaさんに行ってきました^^(追記あり)


☆LYSTAさんのブログにゴム手袋を使ったお掃除の動画がアップされました^^☆

c0009934_14124062.jpg
里親募集型保護猫ふれあいサロン「Ohana」(福島県いわき市湯本)

被災動物の保護や地域のTNR活動をされてるいわき市の動物保護団体LYSTAさんが、クラウドファンディングで資金を募り今春開設をされた保護猫サロンです。
パソコンの前からなかなか離れない主人の運転で、先日漸く行ってきました。4月の大内宿以来の遠出です^^

c0009934_14132463.jpg
▲正面は受付カウンターです。この奥がバックヤードになっています。

c0009934_14140758.jpg
▲手前の茶トラさん、すぐに寄って来るので最初なかなか撮れませんでした。その様子がきぃにとても似ていて愛らしく思いました^^

奥のケージには兄弟と思われる仔猫が3匹。スタッフさんにケージから出して貰ったら、まぁ元気の良いこと! はじけたように駆けずり回っていました^^
c0009934_14144216.jpg
▲30〜40分後には余りに激しく遊んでハカハカしてる兄弟をスタッフさんが再びケージに戻し休ませてあげていましたが^^

c0009934_14150020.jpg
▲奥には膝に乗って来る子と一緒にまったり出来る椅子が並んでいます^^

c0009934_14151128.jpg
▲受付カウンターを背にするとこんな感じ。

c0009934_14430727.jpg
c0009934_14334443.jpg
c0009934_10342055.jpg
c0009934_14543362.jpg
c0009934_10343299.jpg
▲アクリル板(多分)のキャットウォークは肉球やお腹が見れて楽しいだけでなく、上にいる猫たちの様子がよく把握出来ていいですね。


c0009934_14165120.jpg
▲窓にはこんなユニークな猫ベッドも^^

c0009934_14172003.jpg
▲窓際に並んだ椅子にはハンモック♪

c0009934_14174995.jpg
▲ここでは一番の器量良しさんかな^^

c0009934_10343784.jpg
▲この子も気づくとそばに来てたりして愛らしい^^

c0009934_14180409.jpg
▲ここには現在24匹の猫さんがいるそう。さすがに爪研ぎの減り具合が一般家庭と違います。でもサロンの中はとても綺麗^^

c0009934_14185217.jpg
▲ロッカーやカウンターの上にはサロン販売用のグッズが入ったケースが。提供させて戴いた私の作ったポーチもあり^^

この日は新作のハンドメイド品をお持ちしました。お盆はお客さんが普段よりは多く来て下さるかもと考えて、その前にお届けをと思い立ったのです。
c0009934_14190639.jpg
▲新作の試作品。チェックや先染めのストライプは娘たちにはなんとも不評で^^; 自分としてはとても好みなのですが。
c0009934_14190959.jpg
▲で、これらは何かというと…

c0009934_14191209.jpg
▲カードケースです^^

c0009934_14191556.jpg
▲今回お届けをしたもの。保護猫サロンなので、やはり猫柄で^^ 一個でも多く売れて活動資金となりますように!

c0009934_14200946.jpg
▲この日の大きな収穫の一つ! 
スタッフさんがキャットタワーやラグのお掃除にこの極薄の使い捨てゴム手袋を使ってました。面白いように猫の毛がよれて来るのです!♪ コロコロよりずっと手早く取れるし経済的! (帰りにホームセンターで早速購入し、我が家でも使っています^^)
→LYSTAさんの「お掃除紹介、手袋編」




c0009934_14202046.jpg
▲Ohanaさんがとても落ち着けたのは、設置されている物が色も材質もよく統一されてたからですね。後で画像を見て気づきました^^
LYSTAさんの代表や関わられている皆さんの思いや工夫がしっかりと詰まって、それらがちゃんと機能をしていると思えました。
以前に何度か足を運んだ東京の保護猫カフェに比べても遥かに明るく清潔で静か。こうだったらいいのになと足りなく思うところは一つもなくて、ここの猫さんたちはなんて幸せなんだろうと思いました^^




# by peau0320 | 2017-08-08 16:20